Firefest 1日目(2)


初日2番目に登場はギリシャのRedrum。 シンガーは勿論ドイツの名シンガーMichael Bormann。
IMG_0532-1.jpg IMG_0524-1.jpg
間近でBormannの歌声を聴け、その声に感動。 実はこの日私はBormannTシャツを着ており、朝から会場入り口でBormannが気付いてくれて「イエーーィ!」などと言い合ったのですが、一緒に写真を撮ってもらうの忘れたのが悔い(笑)

続くCircus Maximusは確かな実力を持ったやり手だなといった印象で、観客を魅了。
IMG_0567-1.jpg 

続いてはShy。 シンガーはTony MillsでギターはNeil HabbsとCarl Anthony Wright。
IMG_0587-1.jpg IMG_0599-1.jpg
IMG_0586-1.jpg
Skydivingで幕を明けたショーはImagency、Can't Fight The Night、Breakawayなどなど強力な曲が続き大満足。 ラストに名曲No Other Wayでトドメを刺されました。

続いてPoodles。 ベーシストが若い美青年になっており、本当に色白で可愛い顔立ちで、他のメンバーと目を合わせながらプレイするので彼を女性だと思った方も多いみたい(笑) その彼も含め大変息が合っており見事な演奏を披露してくれました。 実はこれまでPoodlesにそこまで熱心でなかった私ですが、今後聴く機会が増えそうです。
IMG_0632-2.jpg IMG_0622-1.jpg

Rage Of Angels


昨日は朝から並ばなかったものの2列目をキープ。
オープニングのRage Of Angelsは僅か6曲ながら、完璧な演奏と期待通りの選曲で大満足。特にニール・フレイザーの美しいギターには惚れ惚れ。
ジェドは終始にこやかな表情で、佐々木健介さんみたいだった(笑)
201410261838181ef.jpg
2014102618381966d.jpg

今から出掛けるので、とりあえずこれにて。

※ 10月30日追記
シンガーはRick Chase(Graffiti/Alibi/Double Cross)
演奏曲…
1. Dreamworld
2. See You Walking By
3 or 4. Falling
3 or 4. Through It All
5. Over And Over
6. Spinwheel




Firefest 1日目(1)


携帯からなので、とりあえず簡単に。

初日はマイケル・ボーマン、トニー・ミルズ、ゲイリー・ヒューズという素晴らしいシンガーを相次いで観ることが出來、メロハーファンとすれば堪らない1日でした。

1発目はアルバムが発売されたばかりのAngels Or Kingsでした。僅か5曲の演奏でしたが、曲が良いのですぐに惹き込まれてしまいました。結成が古いバンドなのでメンバーはオッサンですが見事なライブを披露。
20141025194155323.jpg
因みに朝から並び最前列をゲット。



続くRedrumやShyなどなどまた後日書きます。今から2日目会場へ行ってきます!

Firefest 2014 前日


22日の夜、福岡空港を出てソウル・仁川でKLMに乗り換えオランダ・アムステルダムへ。約11時間の間あまり眠れなかったので眠くてたまらず、しかも頭痛だったのですが、約4時間の空き時間も10分程しか寝られず、結局空港内の店舗を見て回ったりで時間を潰しました。アムステルダムからバーミンガムまでの1時間は爆睡(笑)
出掛ける際に携帯の充電器をスーツケースに入れてしまい預けてしまうという失敗をしてしまった為、バーミンガム到着まで携帯使えず(電池残量が少なかった)^_^;
バーミンガム空港からバーミンガム中心街へ電車移動し、さらにノッティンガムへ移動。去年ロンドンから遠かったこともあり、今年はバーミンガムにしたのですが、移動時間は半分以下となり快適でした。

ホテルに到着しシャワー後、In FaithとTenのアルバムリリースパーティ会場へ。
20141024143037f09.jpg
20141024143045f36.jpg
201410241430363bb.jpg
201410241430427ff.jpg

スマホからの投稿の為、なかなか上手く行かず、写真ザッとでごめんなさい。
パーティでは大音量で新作を流し、途中からメンバー登場し挨拶などを行うのですが、In Faithの時はみんな飲んでばかり(因みに私もおかわりばかり)で、騒がしかったのですが、Tenの登場で空気が変わり、フラッシュの荒らし&サイン求めて長い列。大盛り上がりでした。

実はTen登場前に、ゲイリー・ヒューズとヴィニー・バーンズが一緒に飲んでるとの情報を得たので、途中参加した日本人2名と探してみると、パーティ会場の二階にいました(^^) ゲイリーとヴィニーは我々を快く迎え入れてくれ、ハグ&談笑。この時の様子はプロのカメラマンに撮ってもらったので、後日どこかに上がるかもです。
ヴィニーに明日のTenか明後日のRage Of Angelsに飛び入りしないのか聞いたようですが、参加しないらしい。しかし、この場に居ることが出来たのが一番のハッピーでした(*^^*)

もっと詳しく書きたいですが、スマホからの投稿の為これにて。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

あん

Author:あん
1966年3月長崎市稲佐生まれ琴海町(現長崎市)育ち

・小学5年から洋楽にハマり、その後Gary MooreにしびれHR/HMにハマる
・福岡市・大宮市(埼玉)・江戸川区(東京)居住歴あり
・長年のカープファン
・O型
・出没地…長崎市/時津町/青森県八戸市/都内各所

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
訪問者