EFS

 IMG_5269.jpg

イタリアン女性VoメロハーEARTH FOR SALE "Reset"が発売されました。
個人的にも昨年からリリースすることを最も楽しみにしていた1枚。

魅力ある楽曲が多数収録されており、どの曲でも印象的なメロディアスなギター、そしてSteff Brusa(ZANETA, EVA)の絶妙なキーボードが光り曲展開も見事。Steff Brusaが参加したEVAやZANETAを御存知の方ならば、彼のプレイやセンスは承知だと思いますし、音楽性も推測出来るかと思いますが、このアルバムはその中でも欧州的な哀愁の度合いが強く、また、いろんな音楽ジャンルの要素を感じさせ、他のメロハーバンドとはひと味違う品の良さみたいなものを感じさせます。メンバー等については何度かご紹介させていただいたので割愛しますが演奏もお見事。

簡単に曲紹介させていただくと、メロハーとは若干違うがレトロな感覚と幅広いバックグラウンドを感じさせる奥深い「1. Reset」、メロディアスなギターと曲の最後まで聴き惚れるキーボード、曲の良さもあり女性Voメロハーとして理想的な「2. Wild Is My Heart」(近日PV公開予定)、曲の最後までメロディアスなギターが心地好い爽快な「3. Life」、
渋みのある哀愁ナンバー「4. Psycho Love」、70年代のダンサブルなポップスなどを思い起こさせ哀愁も兼ね備えた「5. Alive」、美しくゴージャスなキーボードが印象的で曲展開もグッドなKey入りメロハーファン必聴の「6. One Light Year」、レトロな雰囲気の中に印象的なギターが光る哀愁ナンバー「7. Tango」、深い渋みと哀愁が光る「8. Guinevere」、心地好いキーボードの爽やかナンバー「9. Sky’s Fallin’ Down」、力強いオープニングからのメロディアスナンバー 「10. Amnesia (days steal by)」、スローテンポで英国的、大変印象的な哀愁ナンバー「11. The Night When You Love Me」と、聴き応えある曲が並びますよ~。

70/80年代から音楽を聴いている方には特にこのアルバムの魅力を感じられると思いますし、また、AsiaやTOTO、Zaneta、Robin Beckなどのファンに特にオススメしたい一枚です。

Satin 他

satin-500.jpg
Satinボートラ2曲入り国内盤は6月22日発売予定です。輸入盤には無かった歌詞も掲載。ボートラも勿論Satinクオリティですのでお楽しみに!

こちらは6月にアルバムがリリースされる(海外盤)スウェーデンのLipz。見た目はアレなんですが、良いメロディがたっぷりの素直に楽しめるロックアルバムで、Wig WamやEclipse、Aerodyne、Motley Crue、Midnight Cityなどをお好きな方はお楽しみに。


既にご存知のメタルファンも多いかと思いますが、イタリアの正統派メタルバンドCrying SteelがTony Millsをシンガーに迎えてのニューアルバムを完成させており、近いうちにリリースアナウンスされると思います。ShyやTNTと比べるとやはりへヴィですが、メロハーファンにも十分聴ける内容となってますよ。おそらく日本盤も発売されることでしょう。

遅れに遅れていたStill Livingのブラジル盤、11月CD完成予定⇒プレス工場のトラブルにより1月末に延期⇒さらに2カ月以上の遅れ、約5カ月も遅れるという珍事でしたが、完成し日本へ向かっています。バンド側に非が無いのは承知していますが、遅れるにも程があるので、こっぴどく叱りつけたんですけど、5か月前に既にEU盤が出回っていますのでバンド側もブラジル盤売れずに大損ですね... 次回はプレス会社変えましょうねレナト君(シンガー/本職は警察官)。

AORファン注目のMichael Kratz「Live Your Life」本日発売

2018-MK-back.png

マイケル・クラッツはこれまで殆ど知られていないと思いますが、母国デンマークでキャリアを積んできたミュージシャン。スティーヴ・ルカサーやマイケル・ランドウ、デヴィッド・ガーフィールドをはじめ、ゲストが快く参加したところを見ても彼の信頼度がお分かり頂けると思います。
全ての曲が彼と相棒のカスパー・ヴィンバーグ<Drums/Bass/Guitars>によって書かれており、素敵なメロディに溢れ、心地好いサウンドも素晴らしい、じっくりと浸るに相応しいアルバム。AORファンのみならず、メロハーファンやポップスファンなど幅広い音楽ファンに聴いていただきたい一枚です。




EARTH FOR SALE


5月11日発売Earth For Saleデビューアルバムより「Life」が公開されました。
このバンドは絶妙なギターやキーボード(この曲ではキーボードは目立ちませんが)など、曲の最後までそのサウンドに惹きつけられる魅力を持っています。ロビン・ベックのようなスタイルのシルヴィアの力強い歌声も楽曲にマッチし、キャッチーな「Life」以外にも、キラキラとしたKey入りメロハーのお手本のような曲や、渋みたっぷりの曲やTenのような哀愁曲、70/80年代を思わせるポップな要素を持つ曲など大変聴き応えある内容ですのでご期待ください。

尚、アルバム完成後、「Life」ビデオ収録前にドラムがGiovanni MassariからFabio Mastellaroへ交代しています。Giovanniがライヴやイベントへの参加が難しいことから交代となりましたが、バンドメンバー達と彼は親友であり今後もそれは変わりありません。
band-pic.jpg 
後方左からMarco Vecchio<g>, Silvia Reale<vo>, Stefano Cavalloni<b>
前方左からGiovanni Massari<d>, Stefano "Steff" Brusa<key>

EvaやZanetaでその実力を知られるSteff以外は、ほぼ無名のメンバーばかりですが、正直私も見つけものだと思いました(特に見事にメロハーファンのツボを刺激するMarcoのギター)・笑
Asia等のファンや欧州正統派/哀愁HR、欧州Key入りメロハー、70/80年代ポップスファン等、多くの音楽ファンに聴いていただければと思っています。

アース・フォー・セール / リセット
解説:藤木昌生氏 歌詞対訳付 日本盤のみのリリース 税込2,430円
ご予約受付中 ⇒ EARTH FOR SALE / Reset
その他、タワレコさんやユニオンさん等、国内各店でもご予約いただけます。よろしくお願いします!
Earth For Sale 

4月~ リリース予定

Earth For Sale
5月11日にEARTH FOR SALE「Reset」をリリース予定です。当ブログ内プレイリストで度々取り上げていた「Wild Is My Heart」「One Light Year」はこのバンドの曲で、曲展開・メロディアスなギター・透明感を感じるキラキラとした美しいキーボードなど、Key入りメロハーの理想ともいうべき出来で今もほぼ毎日聴いているほど。その他の楽曲も爽やかさや哀愁、懐かしさを感じる曲など多彩で、70/80年代のポップスやメロハー/プログレハードを聴いてこられたファンならば、思わずニヤリとしたり唸らせられたりするアルバムに仕上がっています。このバンドはギターのMarco Vecchio、シンガーのSilvia Reale、そしてZanetaやEvaでお馴染みのStefano "Steff" Brusaを中心とし、キャリアと知識が豊富なSteffが主導となり作り上げました。
昨年Steffから届いた音源を聴きリリースを即決していたのですが、海外レーベルでのCD発売は大して意味が無い(CDが売れない)と考えていた彼らが日本盤だけリリースするという決断に至りました。メロハー系は海外で500枚限定でも大量に売れ残ることも多々ある時代ですからね...

5月25日にはHEARTWINDをリリース予定
HEARTWIND - Higher And Higher_500 
こちらはConstanciaらのメンバーによる北欧らしいハードロック作。ゲストで女性シンガーが参加した曲にもご注目を!

そして、スウェーデンのSTONELAKEの新作もリリース予定です
StoneLake-ThunderAndRain-full-500.jpg
バンドロゴが変更されてメジャー感が出た?
StoneLake_logo_small.jpg 
実はこの古いロゴのパターンも用意されていたんですが、マイナー臭が凄いので私も相談を受けた際に、新しいクリーンな方を使用すべきだと提案させていただきました。実はこのアルバムも昨年からリリースが確定していました。Peter Grundstorm<vo>とJan Akesson<g>も気合十分のアルバムをお楽しみに。正式な発売日は後日告知予定です。


4月13日発売予定のMichael KratzはAORファン必聴作、4月27日発売予定のNorthrup & Cagleは王道アメリカンHR/メロハー作となっており、どちらも素晴らしいアルバムですのでお楽しみに!!

AnderSteinリリースのご予約はこちらから⇒ AnderStein Music RELEASE


カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

あん

Author:あん
1966年3月長崎市稲佐生まれ琴海町(現長崎市)育ち

・小学5年から洋楽にハマり、その後Gary MooreにしびれHR/HMにハマる
・福岡市・大宮市(埼玉)・江戸川区(東京)居住歴あり
・長年のカープファン
・O型
・出没地…長崎市/時津町/青森県八戸市/都内各所

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
訪問者