EFS「Reset」プレビュー他

先月発売されたEarth For Sale「Reset」のアルバムプレビュー公開

※次のPV公開は夏以降に変更されました

アルバム発売前にバンドからプレビューが公開されていましたが、今回は日本のファンとメロディックロックファンへより魅力を感じていただけるかと思います。特にアルバム未聴の方は最後までお聴き逃しなく!
※時折お問合せをいただきますが、このアルバムの輸入盤は存在せず、日本盤のみのリリースです。

さて、今週はいよいよSatinリリースです!既に入手困難な輸入盤をゲットできなかった方は勿論、2曲のボートラも大変素晴らしいですので確実にゲットを!!
IMG_5486.jpg 

8月24日にはThe Radio Sunの5thアルバムをリリースいたします。なんと僅か10カ月ぶりとなる新作です。本当に驚くほど仕事しますね~。今回も爽快なコーラスと心を掴むメロディ満載、安心・安定のレディオサンクオリティです。そしてまたもボートラ2曲を追加!お楽しみに。
TRS_BS_2018_500.jpg 

その他のリリースも今後公開していきますのでお楽しみに!

リリースとは無関係ですが、NIVAの新PVが公開されましたね♪即気に入ってしまいました。


リリース等

StoneLake-ThunderAndRain-full.jpg
今月のAnderSteinリリースはStoneLakeとSatin。昨日発売のStoneLakeはこれまであまり目立ちこそしなかったものの北欧メタルファンから支持されてきて、漸く日本でもリリース。今回はメロディックHMスタイルから多少メロディアスハードへ移行しつつも、やはり北欧らしいアルバムです。是非ご一聴を。


Satinはこれから全国のお店へ流通開始し22日発売。名作にさらに2曲の素敵な曲が追加されたAOR/メロディアスHRファン必聴作。発売をお楽しみに!
IMG_5490-10.jpg 

昨日は"私の"(笑)Treatの曲がアップされましたね。今回のアルバムにも期待しましょう。


先日Twitterでお知らせしましたが、Dion BaymanさんがArt Of Melodyと契約。新譜は例によって自主制作CD-Rの予定だったので、当店でもいつものようにCD-R入荷を予定していましたが、9月にArt Of Melodyからリリースされます。Art Of MelodyからDionと契約したぞ!と連絡が来た時は素直に嬉しかったです。才能あるミュージシャンが契約出来たことが喜ばしいですね。Art Of MelodyはDion BaymanをはじめPeoさんなどのAOR寄りのアーティストを好きなので今後にも期待しましょう。また、同じBurning Minds Music GroupのStreet Symphonies Recordsからも同時期に注目作がリリースされますョ。
こちらは昨年のシングル↓


リリース等


明日発売のLipzが世界的にも好評の模様。同じレーベルのAerodyneも好評でしたが、それを超える人気となりそう。最近は北欧のこの手は人気ですね。




Aerodyne


先日入荷したBrian Barnhouseさんの新譜、AORファンやメロディ派は是非チェックしてみてください。http://www.anstemusic.com/product/5232


先日国内盤も発売されたMassの新譜がなかなか良いので、まだの方はチェックを。


来月発売のThe Senior ManagementはGoran Edmanファンは勿論ですが、AOR/メロディックロックファン要チェック作。

5月に発売したEarth For SaleとHeartwind、共に良い反応をいただいており好評です。ありがとうございます。また、6月はStoneLake(6月8日)とSatin(6月22日)をリリースします。Satinのボートラ2曲はどちらも彼らしいキャッチー&メロディアスな聴き逃がせない曲となっていますのでお楽しみに!!
7月に予定していたDallas、音源未完成の為、若干リリースが遅れる予定です。また、8月にはThe Radio Sun新譜リリース予定で、今回も日本盤ボーナス2曲追加いたします!

いや~5月はあれやこれやと余計な仕事が増え、とんでもなく疲れた月だったのですが、6月は平穏な月であるよう願ってます^^; 

EFS

 IMG_5269.jpg

イタリアン女性VoメロハーEARTH FOR SALE "Reset"が発売されました。
個人的にも昨年からリリースすることを最も楽しみにしていた1枚。

魅力ある楽曲が多数収録されており、どの曲でも印象的なメロディアスなギター、そしてSteff Brusa(ZANETA, EVA)の絶妙なキーボードが光り曲展開も見事。Steff Brusaが参加したEVAやZANETAを御存知の方ならば、彼のプレイやセンスは承知だと思いますし、音楽性も推測出来るかと思いますが、このアルバムはその中でも欧州的な哀愁の度合いが強く、また、いろんな音楽ジャンルの要素を感じさせ、他のメロハーバンドとはひと味違う品の良さみたいなものを感じさせます。メンバー等については何度かご紹介させていただいたので割愛しますが演奏もお見事。

簡単に曲紹介させていただくと、メロハーとは若干違うがレトロな感覚と幅広いバックグラウンドを感じさせる奥深い「1. Reset」、メロディアスなギターと曲の最後まで聴き惚れるキーボード、曲の良さもあり女性Voメロハーとして理想的な「2. Wild Is My Heart」(近日PV公開予定)、曲の最後までメロディアスなギターが心地好い爽快な「3. Life」、
渋みのある哀愁ナンバー「4. Psycho Love」、70年代のダンサブルなポップスなどを思い起こさせ哀愁も兼ね備えた「5. Alive」、美しくゴージャスなキーボードが印象的で曲展開もグッドなKey入りメロハーファン必聴の「6. One Light Year」、レトロな雰囲気の中に印象的なギターが光る哀愁ナンバー「7. Tango」、深い渋みと哀愁が光る「8. Guinevere」、心地好いキーボードの爽やかナンバー「9. Sky’s Fallin’ Down」、力強いオープニングからのメロディアスナンバー 「10. Amnesia (days steal by)」、スローテンポで英国的、大変印象的な哀愁ナンバー「11. The Night When You Love Me」と、聴き応えある曲が並びますよ~。

70/80年代から音楽を聴いている方には特にこのアルバムの魅力を感じられると思いますし、また、AsiaやTOTO、Zaneta、Robin Beckなどのファンに特にオススメしたい一枚です。

Satin 他

satin-500.jpg
Satinボートラ2曲入り国内盤は6月22日発売予定です。輸入盤には無かった歌詞も掲載。ボートラも勿論Satinクオリティですのでお楽しみに!

こちらは6月にアルバムがリリースされる(海外盤)スウェーデンのLipz。見た目はアレなんですが、良いメロディがたっぷりの素直に楽しめるロックアルバムで、Wig WamやEclipse、Aerodyne、Motley Crue、Midnight Cityなどをお好きな方はお楽しみに。


既にご存知のメタルファンも多いかと思いますが、イタリアの正統派メタルバンドCrying SteelがTony Millsをシンガーに迎えてのニューアルバムを完成させており、近いうちにリリースアナウンスされると思います。ShyやTNTと比べるとやはりへヴィですが、メロハーファンにも十分聴ける内容となってますよ。おそらく日本盤も発売されることでしょう。

遅れに遅れていたStill Livingのブラジル盤、11月CD完成予定⇒プレス工場のトラブルにより1月末に延期⇒さらに2カ月以上の遅れ、約5カ月も遅れるという珍事でしたが、完成し日本へ向かっています。バンド側に非が無いのは承知していますが、遅れるにも程があるので、こっぴどく叱りつけたんですけど、5か月前に既にEU盤が出回っていますのでバンド側もブラジル盤売れずに大損ですね... 次回はプレス会社変えましょうねレナト君(シンガー/本職は警察官)。

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

あん

Author:あん
1966年3月長崎市稲佐生まれ琴海町(現長崎市)育ち

・小学5年から洋楽にハマり、その後Gary MooreにしびれHR/HMにハマる
・福岡市・大宮市(埼玉)・江戸川区(東京)居住歴あり
・長年のカープファン
・O型
・出没地…長崎市/時津町/青森県八戸市/都内各所

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
訪問者