In-Side

In-Side Out-Side

イタリアから登場したIN-SIDE。80年代のサウンドを甦らせるべく結成されたというだけあり、80年代のAORやプログレハード、メロディアスハードサウンドを実践。派手さは無いものの、その手のファンに十分に受け入れられるクオリティかと思います。

IN-SIDE - Out-Side
1. The Gate(インスト) 2. The Signs Of Time 3. The Running Man 4. Block 4 (Russian Woodpecker) 5. I'm Not A Machine 6. Break Down 7. Lie To Me





収録曲が少ないのがやや物足りないと思っていたところ、3曲追加して日本バージョンを作りたいという提案がバンド側からあったのですが、え~今更かい?リスキーだぞ~ってなわけで棚上げm(_ _)m アナログ盤を作る計画もあるようですが、早く次作に取り掛かってほしいところです~。

AnderStein商品ページ ⇒ IN-SIDE / Out-Side

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

あん

Author:あん
1966年3月長崎市稲佐生まれ琴海町(現長崎市)育ち

・小学5年から洋楽にハマり、その後Gary MooreにしびれHR/HMにハマる
・福岡市・大宮市(埼玉)・江戸川区(東京)居住歴あり
・長年のカープファン
・O型
・出没地…長崎市/時津町/青森県八戸市/都内各所

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
訪問者