最近1台のCDプレイヤーがやや不調だったのですが、今日は物凄いノイズと共に停止してしまったりと、いよいよ寿命のようです(> <) というわけで昼間は他のプレイヤーで聴いていたのですが、夜になりPCで聴こうとしたところ、Windows Media Prayerが起動しないトラブルに遭い、ダメダメな日でした^^;

wildrose-hit.jpg

ギリシャ産ハードロックバンドの最新作。
本作も英国バーミンガム在住のDavid a Saylorがリードシンガーとして参加しており、メロディアスな楽曲をより引き立てています。 プロデュースはギタリストのAndy Rock。

メンバー… Andy Rock(G), Dirty Haris(Key), Phil Gun(B), Tiny Karpo(G), Dimos Thomaidis(D), David A Saylor(Vo)

収録曲…
01. Through The Night

02. I'll Be There
03. Stay

04. Without Your Love
05. Another Day
06. Can't Wait On Love
07. Give In To Me
08. Together
09. Don't Walk Away
10. All For Love
11. I Want Your Love


個人的にDavidの歌い回しがALIENのJim Jidhedなどと同様に演歌歌手に通じるところがありとても気に入っていまして、この味わい深い歌声とメロディアスでキーボード度高めのWild Roseのサウンドですから、たまらないわけです(笑)
キーボード度が高くメロディアスな曲が並ぶ、と言えば、我々メロハーファンの大好物ですよね^^ このバンドにはずっとこの路線で続いていって欲しいと思います。

AnderStein商品ページはこちら → WILD ROSE / Hit 'N' Run


関連記事
コメント
はじめまして!

私もこのバンド、前作から追いかけています。

個人的には、シンガーがマイク・レノ(ラバーボーイ)に声が似ているな…と思い、サウンドと合わせて「産業ロック」の範疇で楽しんでおります。

最近、ラバーボーイやナイト・レンジャーと言った「叙情的になりすぎない産業ロック」をよく聴いています。

ジャーニーやサバイバーも勿論好きなんですが、カラッとして聴き流せるものがより好きになってきたのは、やっぱり歳だからなんですかねぇ…(笑)。
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます!

なるほどマイク・レノですね。確かにこのバンドはさほどじっくり聴かせるわけでもなく、良き時代の産業ロック・メロディアスハードを上手く吸収してサラッと聴かせますよね。私も素直に楽しめます。

しかし歳のせいかはどうでしょう(笑)
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
カレンダー
12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

あん

Author:あん
1966年3月長崎市稲佐生まれ西彼杵郡琴海町(現長崎市)育ち

・小学5年から洋楽にハマり、その後Gary Mooreにしびれメタルにハマる
・福岡市・埼玉県大宮市・東京都江戸川区居住歴あり
・長年の広島東洋カープファン
・O型
・出没地…長崎市北西部/西彼杵郡時津町/青森県八戸市/都内各所