JK Northrup & David Cagle

JK.jpg

先日発売されたJK Northrup & David Cagleの「That's Gonna Leave A Mark」、実は私も愛聴度のとても高いアルバム。アメリカらしい「陽」の雰囲気に包まれ、ストレートな「カッコいい」ロックと時折キュンとなる甘いメロディがたっぷり入っており、ロックはこうなくっちゃ!と思わせる純粋に音楽を楽しめる一枚だし、特にリアルタイムで80年代のアメリカンロックを聴いてきた世代には一発で気に入ってしまいそうな一枚かと思います。 また、ボーナス曲も素敵な曲なので、よくぞこの曲を提供してくれました!と感謝。
個人的には特に運転中に流していることが多く、ドライヴにピッタリ♪ かつてNight RangerやCheap Trick、Bryan Adams、Danger Danger、Van Halenなどを流しながらドライブしていた頃を思い出させます。曲が良いので聴き飽きることもありませんよ~。

JK(女子高生じゃないよ)も日本リリースをとても喜んでくれてますが、海外発売元であるメロコムのアンドリュー氏とは数年前からこちらのスケジュール等の都合もあり幾つもの日本リリースが流れており、ここに漸く第一弾がリリース出来たことを嬉しく思います。音を聴く前、正直リリースは難しいかなと考えていたのですが音を聴いて「あら、これ良いじゃないか」と思い、お互いのスケジュール調整⇒今春リリースに至りました。

YouTubeにはキャッチーな曲は何故かアップされていませんが、キャッチーで素敵なメロディも満載でストレートなロックチューンもカッコいいこのアルバムをお見逃し無く。


JK-web.jpg

プレイリスト [2018.4.23]

プレイリスト [2018.4.23]
01. Another Goodbye (Northrup & Cagle)
02. The Moment (Northrup & Cagle)
03. Can't (Northrup & Cagle)
04. For Sure Thing (Northrup & Cagle)
05. Promises To God (Northrup & Cagle)
06. She-Bop Nation (Rainbow Girls)
07. Memories (Chisato Moritaka)
08. Pray (Every Little Thing)
09. Wild Is My Heart (Earth For Sale)
10. One Light Year (Earth For Sale)



JK Northrup & David Cagleは80年代ファンに本当にオススメですよ~良い曲たっぷりです。

Satin 他

satin-500.jpg
Satinボートラ2曲入り国内盤は6月22日発売予定です。輸入盤には無かった歌詞も掲載。ボートラも勿論Satinクオリティですのでお楽しみに!

こちらは6月にアルバムがリリースされる(海外盤)スウェーデンのLipz。見た目はアレなんですが、良いメロディがたっぷりの素直に楽しめるロックアルバムで、Wig WamやEclipse、Aerodyne、Motley Crue、Midnight Cityなどをお好きな方はお楽しみに。


既にご存知のメタルファンも多いかと思いますが、イタリアの正統派メタルバンドCrying SteelがTony Millsをシンガーに迎えてのニューアルバムを完成させており、近いうちにリリースアナウンスされると思います。ShyやTNTと比べるとやはりへヴィですが、メロハーファンにも十分聴ける内容となってますよ。おそらく日本盤も発売されることでしょう。

遅れに遅れていたStill Livingのブラジル盤、11月CD完成予定⇒プレス工場のトラブルにより1月末に延期⇒さらに2カ月以上の遅れ、約5カ月も遅れるという珍事でしたが、完成し日本へ向かっています。バンド側に非が無いのは承知していますが、遅れるにも程があるので、こっぴどく叱りつけたんですけど、5か月前に既にEU盤が出回っていますのでバンド側もブラジル盤売れずに大損ですね... 次回はプレス会社変えましょうねレナト君(シンガー/本職は警察官)。

プレイリスト [2018.4.15]

プレイリスト [2018.4.15]
01. After The Love Has Gone [Ten]
02. Don't Cry [Ten]
03. Virtual Reality [Ten]
04. Gunrunning [Ten]
05. Black Hearted Woman [Ten]
06. Black Shadows [Ten]
07. High Tide [Ten]
08. Silent Rain [Ten]
09. Fly Like An Eagle [Ten]
10. Goodnight Saigon [Ten]
11. Valentine [Ten]
12. Red [Ten]
13. The Twilight Masquerade [Ten]
14. Standing On The Edge Of Time  [Ten]
15. Tourniquet [Ten]
16. Another Rainy Day [Ten]
17. Wait For You [Ten]
18. It's Alive [Ten]
19. Stay With Me [Ten]
20. Till The End Of Time [Ten]
あと10曲は追加したいんですが・笑

In-Side

In-Side Out-Side

イタリアから登場したIN-SIDE。80年代のサウンドを甦らせるべく結成されたというだけあり、80年代のAORやプログレハード、メロディアスハードサウンドを実践。派手さは無いものの、その手のファンに十分に受け入れられるクオリティかと思います。

IN-SIDE - Out-Side
1. The Gate(インスト) 2. The Signs Of Time 3. The Running Man 4. Block 4 (Russian Woodpecker) 5. I'm Not A Machine 6. Break Down 7. Lie To Me





収録曲が少ないのがやや物足りないと思っていたところ、3曲追加して日本バージョンを作りたいという提案がバンド側からあったのですが、え~今更かい?リスキーだぞ~ってなわけで棚上げm(_ _)m アナログ盤を作る計画もあるようですが、早く次作に取り掛かってほしいところです~。

AnderStein商品ページ ⇒ IN-SIDE / Out-Side

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

あん

Author:あん
1966年3月長崎市稲佐生まれ琴海町(現長崎市)育ち

・小学5年から洋楽にハマり、その後Gary MooreにしびれHR/HMにハマる
・福岡市・大宮市(埼玉)・江戸川区(東京)居住歴あり
・長年のカープファン
・O型
・出没地…長崎市/時津町/青森県八戸市/都内各所

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
訪問者