Archive

今年も何とか1年を乗り切り、昨日年内最後の発送を終えた時には本当にホッとしました。

2011年にスタートした当店も2015年を迎えられることとなりました! また、売上は前年比2.2倍以上が確定しました。 多くのアクセス・ご注文をいただき本当に感謝致しますm(_ _)m

現在HP上やTwitter、Facebookなどで告知の通り、皆様への感謝を込めまして1月5日まで10%off(一部商品を除く)価格とさせていただいております! この機会に、当店取扱い商品をじっくりとご覧ください。
※ 1月4日までは自動返信メールのみの対応となります。 発送は5日から行います。
足掛け5-8


今年も沢山の素晴らしいアルバムが登場し、個人的にもとても嬉しい1年でした。 個人的なお気に入りランキングも考えたいとは思っていますが、どうせまた順位を決められないんだろうな(^◇^;)
とりあえずは、ショップの年間売上アイテムランキングは近いうちに発表するつもりですのでお待ちください。

来年も良い作品が沢山発売されるといいですね♪ これからも良い作品を多く提供出来ればと思っております。 来年度もどうぞよろしくお願い致します!!
では、良いお年を!


昨日より妹家族(計4名)が我が家に帰省しており、とても賑やかになりました。 いよいよ今年も終わりだなと実感します。

ここ数日私は黒田カープ復帰のニュースがあまりにも衝撃で嬉し涙を流し、また、来年の黒田復帰登板を妄想してはまた涙。
カープを愛する人達は皆同じ状況だと思います。 毎年黒田復帰を待ち望みつつも、まだまだメジャーで活躍してほしいという気持ちもありましたし、何せ日本の何倍も稼げる現役バリバリのメジャーリーガー黒田が来季20億円以上ともいわれる年俸を蹴って4億円のカープへ戻って来てくれるのですから、我々ファンは信じられない気持ちもまだまだありますが、男黒田が帰ってきてくれることが嬉しすぎて涙を抑えることが出来ません。
おそらく来季の公式戦黒田復帰登板では大勢のファンが押し寄せると思いますし、多くのファンが感極まって涙を流すでしょう。 勿論私も涙が止まらないでしょう。 それほどにファンからの信頼の厚い男ですし、男の中の男黒田は愛されています。 勿論球団も彼が渡米してからずっと彼の背番号を空けて待っていました。
彼自身も相当な葛藤もあったでしょう。 しかしながら早くから自分に目を掛けてくれ指名し育ててくれたカープへの恩、熱烈に支持してくださるファンのために、まだバリバリ稼げるのに、カープファンにまたユニフォーム姿を見せたいと復帰を決意してくれた彼に感謝します。

おっと、私がカープを語ると毎日でも語れますが、長くなってしまうのでこの辺で^^;


さて今年も残り2日となってしまいましたね。
私の店はHPでもお伝えの通り、31日~4日をお休みとさせていただきますので、どうぞよろしくお願い致します。
年明けには川崎のEurope/Treat/Crashdiet公演に2連チャンで参加したいな~と思っています。 チケットこそ2日分ありますが、あくまでも参加したいな~です^^; 勿論私の目的はTreatなので、参加したとしても1日はTreat観たら帰るかもですが...。 昨年のFirefestが見納めと思っていたのに、またチャンスが巡ってきましたが、果たして観に行くことが出来ますやら。
初期から熱烈なファンゆえ、人員の都合が付かなければ店を休みにしてまでも観に行きたいとも思っていますが、本当に休みにしてしまったらゴメンナサイですm(_ _)m 行けなかったら悔やんで悔やんで泣くかもです(笑)


しばらくバタバタしてブログに手を付けられずにおりました^^;

年末になりますとやはり買い逃していたCDをまとめ買いされる方も多いです。 私も以前は今年発売されたものは今年のうちに!という思いが強く、年末にドサッと買い込んでいました(笑) また、正月にじっくりと聴こうという方も多いのではないでしょうか。

さて、この時期になると私は何故か聴きたくなるDarren Wharton率いるDARE。 彼らのアルバムは全て愛聴盤なので、どれが良いとかは決められませんがどれも良いのです^^

dare-arc-1.jpg

こちらは2009年の6thアルバム。 過去3作でリードギターを務めたAndrew Mooreが脱退し、哀愁のサウンドはどうなることかと不安でしたが、アコギのRichard DewsがリードGとしてAndrewの不在を全く感じさせない素晴らしいプレイを披露。
DAREらしいケルティックな雰囲気と哀愁、素晴らしいメロディは相変わらず心に響きます。 Darren Whartonの温かくも熱く、そして、包み込むような歌声もあり、この手のバンドでは個人的に最高峰のバンドだと思っています。

収録曲…
01. Dublin
02. Shelter In The Storm
03. Follow The River

04. King Of Spades (1st収録曲の新Ver.)
05. I Will Return (1st収録曲の新Ver.)
06. Emerald (Thin Lizzyカバー)
07. When
08. The Flame (Cheap Trickの大ヒット曲カバー)
09. Still Waiting

10. Kiss The Rain
11. Remember

12. Circles

1stからの2曲に関しては個人的にはオリジナルが好みですが、Cheap TrickのThe FlameがこれほどDAREにハマるとは Cheap Trick大ファンの私も嬉しい驚きでした。
9曲目はもう私の中では名曲中の名曲でして、姿勢を正して聴いてしまいます(笑)

現在のDAREはツアーにはオリジナルギタリストのVinny Burnsが同行しており、ライブも実に素晴らしいですので、観るチャンスがある方には是非観ていただきたいと思います。

AnderStein DARE / Arc Of The Dawn
AnderStein DARE / Out Of The Silence
AnderStein DARE / Blood From Stone
AnderStein DARE / Calm Before The Storm
AnderStein DARE / Belief
AnderStein DARE / Beneath The Shining Water
AnderStein DARE / Calm Before The Storm 2
AnderStein 【DVD】 DARE / The Power Of Nature - Live In Munich
AnderStein 【中古CD】 DARE / The Power Of Nature - Live In Munich

2014070801-1.jpg
HE-2.jpg HE-3.jpg

英国出身でLAを拠点に活動するギタリストStuart Smithによるプロジェクト99年のアルバム。 こちらは2004年自身のレーベルからの再リリース盤。 当時発売された日本盤やその後発売のFrontiers盤と曲順など若干内容が異なり、Stuart Smith名義ではなくHeaven & Earth featurning Stuart Smithとなっています(ジャケットも若干変更)。

Joe Lynn Turner、Kelly Hansen、Bobby Kimball、Glenn Hughes、Paul Shortino、Chuck Wright、Carmine Appiceら豪華メンバーが参加し、また、Richie Samboraもリードシンガーで参加しているのが目を引きます。
2013年発売のアルバム「Dig」も素晴らしい内容でしたが、このアルバムも実に味わい深く素晴らしいブリティッシュHR作であり、HRファンならば是非抑えておきたい作品ではないでしょうか。

収録曲…
01. Don't Keep Me Waiting (Kelly Hansen)
02. Heaven & Earth (Joe Lynn Turner)

03. See That My Grave Is Kept Clean (Glenn Hughes)
04. When A Blind Man Cries (Richie Sambora)
05. Life On The Line (Bobby Kimball)
06. Dreams Of Desire (instrumental)
07. Still Got The Blues (Joe Lynn Turner)
08. Do You Ever Think Of Me? (Kelly Hansen)

09. It's Got To Be Love (Joe Lynn Turner)
10. Shadow Of The Tyburn Tree (Joe Lynn Turner)
11. Road To Mclnibone (instrumental)
12. When The Blues Catch Up With You (Al Mirikitani)
13. Howlin' At The Moon (Paul Shortino)
14. Memories (Joe Lynn Turner)

15. Trouble In Paradise (Kelly Hansen)
16. Lose My Number (Kelly Hansen)


尚、この作品は後ほど当店でも販売致しますので宜しくお願いします。 再入荷予定はありませんのでお早めに!


最近、携帯(ガラケー)の一部機種からログイン出来ないとのご連絡が相次いでおりましたので、ご報告致します。

先々月にSSL3.0の脆弱性問題(通信の一部が第三者に漏えいする可能性があるなど)が発覚し、安全の為にその後次々と各サイトがSSL3.0を遮断しており、当店が使用しているサーバもその対策を取っていたことが今日判明致しました。
もっと早くに私共が連絡を受けていれば早い段階で告知出来たのですが、ご迷惑をお掛けしている方々にお詫び申し上げます。

現時点ではdocomoガラケーのお客様からのご連絡ばかりなのですが、PCでもInternet Explorer(IE)の場合、ログイン出来ない現象が起こる可能性もあるようです。
メーカー側でソフトウェアのアップデートがございましたらアップデートしていただき、アップデートがない場合は、大変恐れ入りますが、PCなどからアクセスしていただきますよう、お願い申し上げます。
IEでログイン出来ない場合、インターネットオプションでSSLの設定を変更していただけますとログイン可能となります。

現にAmazonをはじめ、様々なサイトでガラケーではSSLページ閲覧不能となってきているようです。
古いガラケーですと、対応出来ない場合があり、今後多くのサイトにログイン出来なくなっていくようですのでご注意ください。

当店にログインできずご購入出来ない場合、メールにてのご注文を受け付けております。(但し、この場合のみに限らせていただいております)
※ メールでのご注文の場合、当方がメール閲覧が遅くなりその間に品切れになってしまう可能性もありますことをご了承下さい。

では、どうぞよろしくお願い致します。

shaftofsteel400.jpg

UKロンドンから登場したメロディアスHRバンド2014年4曲入りデビューEP。

メンバー… Robert Fenning(Vo), Alex Markham(G), Andy Cooper(B), Adam Carruthers(G), Chris Smurthwaite(Key), Garth Vickers(D)

Produced and mixed by Alex Markham
Mastered by Dennis Ward

メンバーはまだ若いようですが、80年代の影響を受け、欧州らしいサウンドでメロディアスな曲が並ぶ見事なデビュー作。 聴いているとShyやFMなどを思い浮かべてしまう音楽性はメロディアスでHRファンにとってはたまらないですし、今後にも期待が高まります。

収録曲…
1. Drive

2. Spinning Vortex of Love
3. Steel Avenger (Stand Your Ground)
4. Release the Lion Within

本日当店に入荷しました! ⇒ SHAFT OF STEEL / Shaft Of Steel
円安の影響で若干高い価格設定となってしまいましたm(_ _)m

メンバーのAlexから連絡があり、Shaft Of SteelのFacebookページでも早速紹介していただきました♪ Alex仕事が早いです^^
Shaft of Steel

早い段階でのフルアルバム期待したいですね!


ブラジルのバンドSuperstitiousの最新作「Ride On The Stars」より。 メロハーファンにはかなり興味をそそられるバンドですよね~。




どうもダウンロード販売のみの模様。 因みにYouTubeにはバンド自身がフルアルバムでアップしてあります。
今後はこういった形が増えてくるんでしょうかね~CD欲しいですね。



12月に入り慌ただしくなってきますが、海外はクリスマス休暇があり、長い休みに入るところも多いですね。
この時期はクリスマス前にオーダーは大丈夫かい?と、いろんな国からメールが届きます。 そうすると、あ~もう年末だなと感じます。
また、夏はバカンスを取るところもあり、連絡しても返事が無くイライラとするのですが、数週間後に「バカンスを楽しんでいたよ:)」と返ってきます(笑) つくづく日本人はよく働くなと思いますホント。

さて、年末年始の営業ですが、31日~4日をお休みとさせていただきます。
詳しくはこちらをご覧ください ⇒ 年末年始の営業について
どうぞよろしくお願い致します。


オーストラリアのシンガーソングライターDion Bayman。 私もこれまで知らなかったアーティストですが、ここに紹介する2作品以外にも以下の作品などが発売されています。
・「Truth Or Dare」 2007年
・「Rise」 2009年
・「Standing Tall」 2011年

dion-after1.jpg dion-after2.jpg

「Afterburn」 2014年。 キャッチーでメロディアスで清涼感ある楽曲がズラリ並んだ素晴らしいメロディック作。 作曲から歌・演奏まで全て自身で行っています。



dion-smoke1.jpg dion-smoke2.jpg

「Smoke And Mirrors」 2013年。 こちらも同様にメロディアスな曲がたっぷり♪ 曲作りから演奏まで全てDion自身が行っています。



どちらのアルバムもメロディックロックファンならば愛聴盤となり得る作品かと思います。 この手の作品ですと今年はSatinが人気ですが、私達とすればそれくらい売れてくれー!と願ってます(笑)

「Afterburn」は初回入荷分がすぐに完売し大変嬉しく思いました。 ご購入いただいた皆様ありがとうございました!
つい先程、追加分と「Smoke And Mirrors」が入荷しましたので、これからサイト上にアップしたいと思います。
尚、今回入荷分はDionと交渉の末、価格が若干お求め安くなりました。 初回入荷分ご購入いただいた皆様ゴメンナサイm(_ _)m

AnderStein DION BAYMAN / Afterburn
AnderStein DION BAYMAN / Smoke And Mirrors (← 本日16:30頃から閲覧可能)


今年是非行ってみたかったイギリスのHRHフェスですが、来年も行われます。 ラインナップがもうね、メロハー好きにはタマラナイです...
HRH2015.jpg

Night RangerやPoodlesなどは日本でも観る機会があるかと思いますが、Dare/FM/Rage Of Angels/White Widdow/Angels Or Kings/Night By Night/Houston/Daylight Robbery/Kingdragon/Shaft Of Steelなどなど、まず来日しないであろうバンドが多いですし参加できる方々が羨ましいですね。
チケットはすでに残り僅か。 行きたくて仕方ないですが、そんな余裕があるわけも無く、いつの日かの夢ということで(笑)
HRH オフィシャルサイト
また、このフェスもそうですが、海外では地方都市や割と田舎でもライヴが多いですね。 個人的にはそんなところもまた魅力的に感じます。


AnderStein 「NIGHT BY NIGHT / NxN」


AnderStein 「DAYLIGHT ROBBERY / Falling Back To Earth」
AnderStein 「DAYLIGHT ROBBERY / Cross Your Heart... And Hope To Die」

イギリス・ロンドンの期待の新星

AnderStein - Shaft Of Steel Debut EP - coming soon...

日本から観に行く方はいらっしゃるんでしょうかね? いらっしゃったら存分に楽しんで来てほしいです。

カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

あん

Author:あん
1966年3月長崎市稲佐生まれ西彼杵郡琴海町(現長崎市)育ち

・小学5年から洋楽にハマり、その後Gary Mooreにしびれメタルにハマる
・福岡市・埼玉県大宮市・東京都江戸川区居住歴あり
・長年の広島東洋カープファン
・O型
・出没地…長崎市北西部/西彼杵郡時津町/青森県八戸市/都内各所