Archive

初日2番目に登場はギリシャのRedrum。 シンガーは勿論ドイツの名シンガーMichael Bormann。
IMG_0532-1.jpg IMG_0524-1.jpg
間近でBormannの歌声を聴け、その声に感動。 実はこの日私はBormannTシャツを着ており、朝から会場入り口でBormannが気付いてくれて「イエーーィ!」などと言い合ったのですが、一緒に写真を撮ってもらうの忘れたのが悔い(笑)

続くCircus Maximusは確かな実力を持ったやり手だなといった印象で、観客を魅了。
IMG_0567-1.jpg 

続いてはShy。 シンガーはTony MillsでギターはNeil HabbsとCarl Anthony Wright。
IMG_0587-1.jpg IMG_0599-1.jpg
IMG_0586-1.jpg
Skydivingで幕を明けたショーはImagency、Can't Fight The Night、Breakawayなどなど強力な曲が続き大満足。 ラストに名曲No Other Wayでトドメを刺されました。

続いてPoodles。 ベーシストが若い美青年になっており、本当に色白で可愛い顔立ちで、他のメンバーと目を合わせながらプレイするので彼を女性だと思った方も多いみたい(笑) その彼も含め大変息が合っており見事な演奏を披露してくれました。 実はこれまでPoodlesにそこまで熱心でなかった私ですが、今後聴く機会が増えそうです。
IMG_0632-2.jpg IMG_0622-1.jpg


昨夜帰還致しました。
Firefestの記事を書きたいですが、400~500枚写真を撮ったのですが、それらを少し整理した後に書きたいと思います。

昨夜帰宅してビールの蓋を開けた瞬間にあまりコメントしないGary HughesからFacebookにコメントが来てハッピーでした^^ 因みに来年来日の計画があるので、実現を願いたいです。
今Tenの新作をじっくり聴きながら書いていますが、如何にもTenといったサウンド・音楽性で2ndや5thに近い雰囲気で良いです!

Wild RoseのFacebookページにウチのリンクも貼られていました。
Wild Rose
アーティストからのリンクは本当に嬉しいです^^

また、Treatの来日が決まり嬉しいですが、カップリングというのが個人的には微妙...。 しかしメンバーと去年会った時は殆ど会話出来なかったので会いたいですね。

さて、今日からまた仕事頑張ります!


昨日は朝から並ばなかったものの2列目をキープ。
オープニングのRage Of Angelsは僅か6曲ながら、完璧な演奏と期待通りの選曲で大満足。特にニール・フレイザーの美しいギターには惚れ惚れ。
ジェドは終始にこやかな表情で、佐々木健介さんみたいだった(笑)
201410261838181ef.jpg
2014102618381966d.jpg

今から出掛けるので、とりあえずこれにて。

※ 10月30日追記
シンガーはRick Chase(Graffiti/Alibi/Double Cross)
演奏曲…
1. Dreamworld
2. See You Walking By
3 or 4. Falling
3 or 4. Through It All
5. Over And Over
6. Spinwheel





携帯からなので、とりあえず簡単に。

初日はマイケル・ボーマン、トニー・ミルズ、ゲイリー・ヒューズという素晴らしいシンガーを相次いで観ることが出來、メロハーファンとすれば堪らない1日でした。

1発目はアルバムが発売されたばかりのAngels Or Kingsでした。僅か5曲の演奏でしたが、曲が良いのですぐに惹き込まれてしまいました。結成が古いバンドなのでメンバーはオッサンですが見事なライブを披露。
20141025194155323.jpg
因みに朝から並び最前列をゲット。



続くRedrumやShyなどなどまた後日書きます。今から2日目会場へ行ってきます!


22日の夜、福岡空港を出てソウル・仁川でKLMに乗り換えオランダ・アムステルダムへ。約11時間の間あまり眠れなかったので眠くてたまらず、しかも頭痛だったのですが、約4時間の空き時間も10分程しか寝られず、結局空港内の店舗を見て回ったりで時間を潰しました。アムステルダムからバーミンガムまでの1時間は爆睡(笑)
出掛ける際に携帯の充電器をスーツケースに入れてしまい預けてしまうという失敗をしてしまった為、バーミンガム到着まで携帯使えず(電池残量が少なかった)^_^;
バーミンガム空港からバーミンガム中心街へ電車移動し、さらにノッティンガムへ移動。去年ロンドンから遠かったこともあり、今年はバーミンガムにしたのですが、移動時間は半分以下となり快適でした。

ホテルに到着しシャワー後、In FaithとTenのアルバムリリースパーティ会場へ。
20141024143037f09.jpg
20141024143045f36.jpg
201410241430363bb.jpg
201410241430427ff.jpg

スマホからの投稿の為、なかなか上手く行かず、写真ザッとでごめんなさい。
パーティでは大音量で新作を流し、途中からメンバー登場し挨拶などを行うのですが、In Faithの時はみんな飲んでばかり(因みに私もおかわりばかり)で、騒がしかったのですが、Tenの登場で空気が変わり、フラッシュの荒らし&サイン求めて長い列。大盛り上がりでした。

実はTen登場前に、ゲイリー・ヒューズとヴィニー・バーンズが一緒に飲んでるとの情報を得たので、途中参加した日本人2名と探してみると、パーティ会場の二階にいました(^^) ゲイリーとヴィニーは我々を快く迎え入れてくれ、ハグ&談笑。この時の様子はプロのカメラマンに撮ってもらったので、後日どこかに上がるかもです。
ヴィニーに明日のTenか明後日のRage Of Angelsに飛び入りしないのか聞いたようですが、参加しないらしい。しかし、この場に居ることが出来たのが一番のハッピーでした(*^^*)

もっと詳しく書きたいですが、スマホからの投稿の為これにて。


最近1台のCDプレイヤーがやや不調だったのですが、今日は物凄いノイズと共に停止してしまったりと、いよいよ寿命のようです(> <) というわけで昼間は他のプレイヤーで聴いていたのですが、夜になりPCで聴こうとしたところ、Windows Media Prayerが起動しないトラブルに遭い、ダメダメな日でした^^;

wildrose-hit.jpg

ギリシャ産ハードロックバンドの最新作。
本作も英国バーミンガム在住のDavid a Saylorがリードシンガーとして参加しており、メロディアスな楽曲をより引き立てています。 プロデュースはギタリストのAndy Rock。

メンバー… Andy Rock(G), Dirty Haris(Key), Phil Gun(B), Tiny Karpo(G), Dimos Thomaidis(D), David A Saylor(Vo)

収録曲…
01. Through The Night

02. I'll Be There
03. Stay

04. Without Your Love
05. Another Day
06. Can't Wait On Love
07. Give In To Me
08. Together
09. Don't Walk Away
10. All For Love
11. I Want Your Love


個人的にDavidの歌い回しがALIENのJim Jidhedなどと同様に演歌歌手に通じるところがありとても気に入っていまして、この味わい深い歌声とメロディアスでキーボード度高めのWild Roseのサウンドですから、たまらないわけです(笑)
キーボード度が高くメロディアスな曲が並ぶ、と言えば、我々メロハーファンの大好物ですよね^^ このバンドにはずっとこの路線で続いていって欲しいと思います。

AnderStein商品ページはこちら → WILD ROSE / Hit 'N' Run



近年はCDは世界的に売れなくなってきていますが、日本はまだまだCD派が多く海外の業者からすると羨ましく思うのだそうです。
最近では限定枚数でも売れ残ることもありますし、海外のレーベルや販売店は苦しい状況に置かれています。その中で日本は一番の希望となっているかもしれません。 日本での販売を希望するレーベルやアーティストは多いです。

私のところに来る海外からのメールの中にもそういった業者からの声や相談もこれまで度々あり、中には「会社を売りたいと考えているのだが」といった深刻な内容もあります。 何とかしたい気持ちは山々ですが、数百万・数千万円の規模の場合もあり、どうすることも出来ません。 つい先日もある業者から話をを聞いていたのですが、対応にも辛いものがありますし、怖さ(あの会社でさえそこまで深刻なのかといった怖さ)さえ感じる程でした。
海外には本当に多くのレーベルやショップがありますが、CDを売るために懸命に頑張り奮闘してところも多いですし、続いていって欲しいですね。 という私も頑張らねば。


さて今日は一旦いつもの時間にサイトに商品をアップしたら、すぐWild Roseが到着。 さらに細々したものも到着し、そのあとにXtasyが到着。 もっと早い時間に来てくれたら助かるのに~と思いつつも、とりあえず私が居る間に到着して良かったとホッとしています。 Wild Roseは本来ならもっと早い入荷日を予定していたのですが、トラブルに見舞われてしまいました(汗)
まだまだ他にも到着予定はありますが、あとは私の留守中でしょうか。 留守中でも入荷したら即アップ予定です!


昨日Facebookを見ていたら「知り合いかも」に息子(25)の名がありビックリ(笑) 見てみるとやはり野球関連、カープ関連の投稿などがありました。 やはり親子ですね^^;

この仕事をしていると海外のバンドのよく知らないメンバーや小さなレーベルなどからメールが来ることが多いのですが、昨日はRonny Leeさんからメールをいただきました。 嬉しい事です。


さて、もうすぐ入荷予定のアルバムに楽しみなものが多いですが、個人的にはWild RoseとAngels Or Kingsを楽しみにしています。 Wild Roseはもう少し早く入荷する予定だったのですが、発売元でちょっとしたトラブルに見舞われましてもう少しお待ちを。



準備は万端なんですが... 0-wr.gif

Angels Or Kingsはあいにく新しいPVが無いのですが、適度な湿度と哀愁を持ったメロディアスハードで期待大。
こちらで3曲試聴可 → http://www.metalheaven.net/


来週行われるイギリスのFirefest、行くかどうか悩んだ末、航空券を買ってしまいました。 開催日前夜(23日)に行われるIn FaithとTenのリリースパーティに参加応募していたのですが、これを運良くゲットしたことが決め手となりました。
Angels Or Kingsも出るし、25日にはGary Hughesのアコースティックライヴもあるしでワクワクです^^

てなわけで来週半ばから28日まで不在となりますが、新譜入荷分はすぐ掲載出来るようスタンバイしており、私が不在中も入荷次第即アップ致します。 不在中も通常営業していますのでどうぞよろしくお願い致します。


毎回商品仕入れ時に原価を日本円に換算しますが、最近は「え~!また上がっとるやん、、」てことが続き、頭の痛いところです(泣) 

てなわけで、本日入荷したLYNN ALLENも若干高くなってしまいました。
IMG_0003.jpg

500枚限定盤。 因みに世界で真っ先に当店へ出荷してくれました^^ しかも僅か4日で到着。
一見、帯付に見えますが、帯付のようなデザインです。
84年の1stアルバム、89年2ndアルバムの未収録曲など10曲の発掘音源で、メロディアスな産業ロック系の楽曲が並んでいます。


80年代洋楽ファン、産業ロック系ファンは文句無しに楽しめる内容になっており、是非ご一聴いただきたいと思います。

AnderStein LYNN ALLEN / Retro Maniacs 1982-1988


500枚限定発売のLynn Allen 「Retro Maniacs 1982-1988」のプロモが公開されました。


10月24日発売予定(海外)のHOUSE OF X。 メンバーはDanny Peyronel(Vo)、Laurence Archer(G)、Clive Edwards(D)、Rocky Newton(B)というベテラン揃い。


今はNIGHT RANGERが来日公演中ですよね。 観に行きたくてたまりませんが、もしかして生涯観る機会が無いかもしれません(泣) 昔東京住まいの時はDAMN YANKEESとLONE RANGERの時代だったので、いちばん好きなブラッド・ギルスをまだ観てないんですが...^^;


ちょっと他に気を取られれば後回しになってしまいがちなブログ。 てなわけで気付けば何日も経ってしまってました^^;

最近は結構海外の色々なマイナーなレーベルからオファーが来るようになったのですが、多くのオファーを受けられるような規模の店ではないので、大変有難く思いつつもちょっと悲しいです。 さらに頑張らねばいけませんね。
また、試聴の為に色々なCDがチョコチョコと届きますが、明らかにへヴィ過ぎるものや微妙なものの割合が多いのは言うまでもありません^^;


Newmanの新しいCDは発売が若干の延期となりましたね。 今日、発送はまだかと問い合わせたら発売が22日に延期されたとの返事がありました。


さて、久しぶりに日本のバンドを聴いてみました^^
azrael1.jpg
ドイツや北欧のバンドを思わせるメロディックメタルでとても印象に残る曲もありグッド。 最近はなかなか日本のバンドを聴く機会が無いのですが、 良いバンドも沢山いますしもっと聴く機会を増やしたいものです。 色々なバンドを教えていただいてYouTubeなどでチェックしていても凄いと思わせるバンドもありますし^^


こちらは今後入荷を予定している1枚( 写真はサンプルでいただいていたCDです)。 音源としては古いですが、L.Aメタルファンなどは要チェックの全17曲入り。
IMG_0431.jpg 



話しは変わりますが、またしても海外で荷物が足止め喰らったり、遅れたりで商品の入荷が遅れています。 気長にお待ちいただければ幸いですm(_ _)m

カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

あん

Author:あん
1966年3月長崎市稲佐生まれ西彼杵郡琴海町(現長崎市)育ち

・小学5年から洋楽にハマり、その後Gary Mooreにしびれメタルにハマる
・福岡市・埼玉県大宮市・東京都江戸川区居住歴あり
・長年の広島東洋カープファン
・O型
・出没地…長崎市北西部/西彼杵郡時津町/青森県八戸市/都内各所