どうなる


最近になって晴れの日が続き、雨続きだった8月には無かった蝉の鳴き声が増しています^^;
蝉とは無関係ですが、最近はスコットランドが独立するのかどうかが気になっています。 

スコットランドも良いバンドいますよね。





こちらはイギリスの優良安定銘柄NEWMANの新作。 いよいよ来月ですね。


あのDALTONの復活作ももうすぐ。


VEGAも楽しみですね。



最近スペインのSECRETが発売された影響で、91 SUITEの1stも地味ながら売れています。 このような形で再び注目されたり興味を持つ方が増えることをとても嬉しく思っています^^


BST / In The Blink Of An Eye

bst-inthe1.jpg bst-inthe2.jpg

2009年に結成されたスウェーデン産メロディアスHRバンド2013年1stアルバム。
スウェーデンからはECLIPSE、H.E.A.T、WEGELIUS、SUNSTRIKEなどなど、次々に勢いあるバンドが登場していますが、このバンドもまた勢いを感じさせるバンドですね。 上記バンド群と比べると日本盤が発売されていないこともあって知名度はまだまだな気がしますが、これから上昇することも期待出来るバンドです。

メンバー: Oskar Jacobsson(Vo), Philip Olsson(G), Elias Jacobsson(D), Björn Moen(B), David Petersson(Key)

アルバムプレビュー


収録曲…
1. Overture
2. The Hall Of Crossfire

3. Destruction
4. She Doesn't Love You Anymore

5. Release The Beast
6. Breaking Free
7. Time To Light The Fire
8. You Cannot Survive Life
9. Losing Your Heart

それにしてもこんなバンドが次々出てくるスウェーデンからは今後も目が離せませんね^^

AnderStein商品ページはコチラ → BST / In The Blink Of An Eye

フェスね...


海外には様々な羨ましいフェスがありますが、ドイツのHEATフェスなんてのもありますが、日本から参戦する方はいるのでしょうか。
IMG_0411.jpg
来い!とチラシを送ってくる方もいらっしゃいます(笑) ラインナップ的にも見たいのは山々ですが、もっと参加バンドが多くないと日本から行くにはちょっと厳しいですね^^; 日本でのライヴすらナカナカ行けないのに...


さてこちらは発売までもうちょいのGrand Design。 楽しみですね。


同じく220 VOLT。


SHYでも素晴らしい声を披露したLee SmallとNorthern Lightなどで知られるTor Talleというタマラナイ組み合わせのSKYSCRAPER。


その他、ANGELS OR KINGSというバンドにもかなり期待しています。 今年の秋冬も良い作品に恵まれそうですね^^

TREAT / Organized Crime

treator1.jpg treator-b.jpg

89年4thアルバム。
ポップでキャッチーな色合いの前作から、カチッと締まったハードな色合いとなりつつも、TREATらしいウェット感・北欧らしさも存分に感じさせる北欧メロディアスハードの名盤。

キーボード兼任だったAnders Wikstromがギターのみに専念し、キーボードにPatrick Appelgrenが加入したことで、サウンドが一気に引き締まりました。 勿論TREATらしい誰もが口ずさめるメロディは健在で、サウンドも見事。
メンバー…Anders "Gary" Wikstrom(G), Robert Ernlund(Vo), Jamie Borger(D), Patrick Appelgren(Key), Joakim "Joe" Larsson(B)

収録曲…
01. Ready For The Talking このアルバムのオープニングを飾るにふさわしい力強いナンバー。
02. Party All Over アルバムの中で唯一明るい(能天気?)曲。曲としては好きだが、このアルバムの中では浮いている感あり。
03. Keep Your Hands To Yourself 彼らがこの手の曲をやるのは初だが渋みのあり絶品。後半のキーボードに一部から非難があったが御愛嬌。
04. Stay Away 哀愁の1曲。
05. Conspiracy アルバムを代表する1曲。

06. Mr. Heartache これもメロディアスで強力な1曲。
07. Gimme One More Night 哀愁を兼ねた力強いナンバー。
08. Get You On The Run 1stアルバム収録の名曲をリメイク。名曲がより一層名曲に。

09. Home Is Where Your Heart Is ウェットで北欧らしさ満点のメロディアスな1曲。

10. Fatal Smile ハードな名曲。Andersのギターが絶品。

11. Hunger 哀愁感ある彼ららしいナンバー。

この曲とParty All Overを入れ替えたらまた印象が違うな...などと思う私^^; 


当時は来日公演もあり、会場は大合唱。 客の入りが僅かな公演もありましたが、間近で観ることが出来たし感動で涙ボロボロだった記憶があります(笑) 死ぬ前に(大袈裟?)どうしてももう一度彼らを見たかったので昨年Firefestに行ったわけですが、Anders側の最前列で観ることが出来てハッピーでした。 もう一度観たい(笑)

真夏無し


先日のRADIOACTIVEの記事で書き忘れていましたが、来年4枚目のアルバムが出るようですね。 Jimi JamisonやFergie Frederiksen、Bobby Kimball、Robin Beckなどの名前も出ているようですし、とても楽しみです^^
また、英国のHRバンドSARACENの新作ももうじき発売されますね。

知らぬ間に発売されていたシカゴの女性VoハードロックバンドHESSLERの6曲入りEP。
hessler-gh1.jpg
今回もハード&ワイルド。 今日入荷しましたのでヨロシクです!
AnderStein - HESSLER / Ghost Dance

現在、HOUSTONのRelaunch II 聴いてますが、彼らの作品を聴くと妙に安心してしまうのは私だけでしょうか。 カバー曲多しといえど、北欧らしさと80年代らしさが気分を落ち着けるのでしょうね。 ずっと活動を続けてほしいバンドです。
AnderStein HOUSTON / Relaunch II

長崎は日曜日の朝から今日まで本当に久しぶりに晴れました。 7月から毎日必ずと言っていいほど雨が降っており、とうとう真夏を感じることが出来なかったのが残念ですが(夏大好き男です)、久々の晴れだったので迷わず子供と海と川で遊んできました。 来年夏は良い天気でありますように(笑)

カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

あん

Author:あん
1966年3月長崎市稲佐生まれ琴海町(現長崎市)育ち

・小学5年から洋楽にハマり、その後Gary MooreにしびれHR/HMにハマる
・福岡市・大宮市(埼玉)・江戸川区(東京)居住歴あり
・長年のカープファン
・O型
・出没地…長崎市/時津町/青森県八戸市/都内各所

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
訪問者