Archive
edge-heaven knows edge-heaven knows-b

スウェーデン産メロディアスHRバンド2013年1stアルバム。

メンバー…
Jonas Forss(Vo, G, Key), Tobias Andersson(G, Key)
Torbjorn Brogren(B), Olle Rodehn(D)

元SEVEN WISHESやSHADOWLANDなどで活動していたメンバーらによるバンドですので、

デビュー作とはいえキャリアもありますが、それにしてもよくここまでのアルバムを

作ってくれたものだと思います。 欧州産らしいメロディとどっしりとしたリズム隊に

キーボードが程良く味を付けメロディアスハードのお手本のようなサウンドになっており、

メロディアスHRファンはすんなりと受け入れられるアルバムでしょう。

♪Nowhere To Hide


♪Right Now


♪To Hell And Back


適度にキャッチーな部分もありますし欧州らしい哀愁もあって、そんな曲が並んだ

この作品はなかなか美味。 また、1曲Tommy Denanderが参加。

まだ未チェックの方は是非お試しください☆

AnderStein EDGE / Heaven Knows


ここ数日妻が熱を出して殆ど寝てまして、私は連日スーパーへ買い物へ行ったり

保育園のお迎えに行ったり、家事やったりと普段より忙しく過ごしています(^^;

妻も熱が引いている時にメール送信だけは何とか頑張って手伝ってくれますが、やはり

どうしても仕事は遅れてしまいます。 発送業務だけはしっかりとこなしていますが

他は進みませんね(> <) 前回私が子供から移された熱は6日間続いたのですが、今回は

妻が子供から移され今日で発熱5日目。 ってことは、明日で治るかな(笑)


さて、だんだん涼しくなってきて、哀愁を帯びた曲などにじっくり浸るのが心地好い

季節になってきましたね。 私はGary MooreやDareが秋の深夜のレギュラーですが、ハマって

しまうと延々と聴き続けて寝る時間が無くなってしまうという事態になってしまいます。

ですので、これを聴いたら寝る!と心を決めます(笑)

今日はこの曲を最後に(^^) 
DARE / Walk On Water



昔はジャンル無関係に色々聴いてましたよね(^^)

まだ捨てていないEPがチラホラありますが、この3曲は特に好きだったかも。

名シンガーソングライター Eric Carmen / It Hurts Too Much (1980)
邦題「悲しみToo Much」


フランスのスーパースター Cliff Richard / We Don't Talk Anymore (1979)
邦題「恋はこれっきり」


大ヒットアルバム「Discovery」収録 ELO / Confusion (1979)


いや~良い時代でしたね~(^^)

20130927_203659.jpg

push uk push uk - b

80年代後期に活動し、一時Tony Millsも参加していたらしい英国メロディアスHRバンドが

再結成し、当時の音源をリ・レコーディングした2010年の作品。

メンバー…
David Saylor(Vo), Brett Hammond(G, Key), Rob Hewins(D), Paul Pryor(B)

哀愁を帯びキラキラ感のあるメロディアスHRで、欧州的な大変メロディアスな楽曲が

並んでいます。 タイプ的に言えばSTRANGEWAYSやDavid A Saylorも参加したWILD ROSE

などに近い感じで、とにかく曲が良いですね。 メロディアスHRファンは必聴です。



AnderStein PUSH UK / Strange World


やたらアプリアプリって正直不要なものが殆どで鬱陶しいと思う今日この頃。

最初スマホ買うときも店員がアプリが沢山あって便利だのどうだの言ってきたので、

「アプリはそんなに必要ない」と言ったのに、またアプリの便利さを説く店員。

最低限のものだけでよいと思う私などにとっては、有難いけど大変迷惑(笑)


何故こんなことを書いてるかと言いますと、今朝PCを立ち上げたところ、

Google Chromeの「新しいタブ」表示時のデザインが変更されており、

その内容が若干気に入らなかったのですが、さらに画面をよく見るとブックマークバーの

中に「アプリ」と書かれたボタンが登場しててあまりにもイラッとしたんです。

綺麗に整理してるのに勝手にボタン増やさないでくれよホント。 常時使うボタンが

押し出されて非表示になってしまい不便なわけで、この「アプリ」ボタンは勿論即刻消しました。

アプリはどうしても必要なものがある時だけ自分で探すからほっといてください(笑)

nexx-colours.jpg nexx-colours-b.jpg

スペイン産女性VoメロディアスHRバンド2003年1stアルバム。

2ndアルバム「Another Dawn」については触れていましたが、この1stアルバムもHR色豊かな

大変聴き応えのある作品です。 メロハー系の女性Voものというと、ついつい華のあるハード

ポップを思い描いてしまいがち。 このバンドもやはり多少は華やさを感じる部分はありますが

しっかりと地に足のついたハードロックをやっていますし、とても好感が持てるのもポイントUP。

私は勿論華やかなハードポップも大好きですが、より応援したくなるのはこのNEXXや

DANTE FOXといったバンドでしょうか。欧州的な哀愁を帯びた楽曲群は聴く者を飽きさせません。

♪Remember


♪Good Time Comes


♪If You Could Read My Mind


最近このアルバムなかなか見つかりませんので(安く)見つけたら即ゲットしましょう!


以前使っていたケータイを子供がおもちゃにしているのですが、

その中に入れていた曲を発見しどうも気に入った様子。 特にWIG WAMのIn My Dreamsを

お気に入りで毎度「カモン!カモン!カモン!」とうるさい上に踊るは台の上から飛ぶは

で大はしゃぎ。 子供受けもいいんですねこの曲。

だけどPVを見せたらちょっと見た目に引いた模様(笑)


そのケータイの中にSTRYPERが1曲入ってたけど、昔はよく聴いてたな~としみじみ。


入ってたのはこの曲。 やっぱり良い曲だな~。


そういえばFIREFESTまで1ヶ月を切ってますね。 私は今回念願の初参戦。 毎年行きたい

と思いつつ、時間と経費を考え断念していましたが、今回はTREATが出るってのが参戦の

決め手でした。 4月にはすでに航空券も手配してましたが、その時は「まだ半年も先か」と

思っていましたが時間の経つのは早いものですね。


James Christianの居ないHOUSE OF LORDS(笑)

MAXX EXPLOSIONなるバンド。 へヴィでカッコようございます。

メンバー…Chris McCarvill(Vo, B, Key), Jimi Bell(G), Bj Zampa(D)

 

MAXX EXPLOSION
アルバム「Forever」もうすぐ聴けるかな。 楽しみです。

MAXX EXPLOSIONのHPはコチラ

ss.png ss-b.png

アメリカ・オハイオ産の6人組ハードロックバンド2011年のアルバム。

オープニングがTom Keiferを思わせる歌いっぷりのスリージー系ですので、全編その手

かと思えばキャッチー&メロディアスなハードポップが並んだりで、粋の良さ・躍動感もあり

とても楽しめる作品になっています。 シンガーのルックスは微妙ながらノーマルヴォイス

とTom Keiferヴォイスを上手く使い分けておりなかなかよろしい。

また、Jenny Darren、Pat Benatarが歌っていたHeart Breakerもカヴァーしています。

♪Little Hearts


Say Anything (Live)


Lucielle (Live)


アルバムを通して曲も良いですし、CINDERELLA、TRIXTER、あるいはWIG WAMといったバンド

などをお好きな方はチェックしてみてください。 密かな好盤です☆

ルックスがもっと良かったら売れそうなんだけどね~。

AnderStein SWITCHBLADE SCARLETT / White. Line. Fever.

nexx-another.jpg nexx-another-b.jpg

女性Vo、Patricia Tapiaを擁するスペイン産メロディアスHRバンド2006年2ndアルバムです。

現在入手が難しくなっているこの作品ですが、AnderSteinに新品入荷しました!

メンバー…Patricia Tapia(Vo), Bernardo Llobregat(G), Oscar Perez(D),
Jose Angel De La Banda(B), Francisco Rodriguez(Key)
ゲストでDanny VaughnとSteve OverlandがバックVoで参加。

♪Like The Poet


♪Critical


♪Caught In A Trap


欧州的な哀愁を帯び、しっかりとエッジのあるハードロックサウンド。 欧州メロディアス

ハードを愛するファンはつい聴きハマってしまうアルバムです。

特にDANTE FOXなどのファンの方には激推奨致します☆

AnderStein NEXX / Another Dawn


英国女性VoメロディアスHRバンドDANTE FOXの中心人物Tim Manford(G)とシンガーの

Sue Willetts姉御が9月15日に結婚!

しかし今頃!?ってな感はありますが、めでたし☆

今後の活動もさらに充実してくると嬉しいですね(^^)




WILD ROSEやPUSH UKなどで知られ、昨年発売されたソロ作「City Of Angels」も好評だった

シンガー、David A Saylorの新しい作品がもうすぐ発売になると思います。

david a saylor - kiss

この手のジャケ、密かに好きなのでかなり楽しみにしています。 内容についてはまだよく

調べていませんが、YouTubeを見る限りキラキラ&メロディアスでかなり良さげ。

Kiss Of Judas CD Promo clip


昨日聞いた話だと500枚限定だとかそうでないとか。 いずれにせよメロハーファンは

聴き逃せないので発売されたら即ゲットしましょう☆

前作はコチラ↓
AnderStein DAVID A SAYLOR / City Of Angels


前作がキャッチー&メロディアスで素晴らしい出来だったFAITH CIRCUSの新作

「Turn Up The Band」がもうすぐ発売☆




HOUSE OF SHAKIRAの新作ももうすぐ☆



どちらも期待したいですね(^^)


9月も半ば、少し涼しくなり幾分過ごしやすくなりましたね。 こちらは今日は晴れては

いましたが台風の影響で風だけは強かったです。 野球中継見てたら広島のテレビカメラも

揺れてましたね。


涼しくなってくると音楽を聴くのも深く聴き入ったりするようになりますが、

今日は何故か女性Voが聴きたい気分。

COASTLINE / Masterplan


NEXX / Remember


ALYSON AVENUE / Every Now & Then


いずれももっと知られてほしいバンドでもありますね。 しかし女性Voは癒されますね~(^^)

他にも色々と聴いていますが、私の〆はやはり森高かも(^^;

xt.png xt-b.jpg

スウェーデン産メロディアスハード/ハードポップバンド92年1stアルバム。

バンドと言うよりもBjorn Stigsson(G, Key)とSonny Larsson(Vo)の2人によるプロジェクト

ですが、北欧的な哀愁を感じさせるハードポップで、その手を好きな方は手離せないバンドの

ひとつではないでしょうか。

♪All Your Love


♪Looking For Love


♪The Rock In My Life


正直若干イモ臭い部分はありますがそれもまた良し。 キーボードで彩られ哀愁を帯びた

ハードポップは正に北欧を感じさせます。 その手をお好きなら避けて通れないバンドです。

中古ですとおそらく安価で入手出来ますので未聴の方は是非。


最近更新の頻度が若干落ちていますが、ちょっとお疲れモードです(^^;

さて、私はチョコチョコとアチラコチラに出掛けたりするのですが、色々な方に出会えるのが

一番の楽しみだったりします。 特に首都圏ですとメロハー好きの方に会える機会も増えますしね。

しかし地元では同じ趣味の方を見つけるのは至難の業です(^^; 皆どこに潜っているのでしょう(笑)


学生時代は周囲に洋楽好きが居るものですが、社会人になると皆洋楽を卒業してしまうのか、

これまで在籍した職場でロックファンに出会ったことはありません。 ですので、私も普段は

自分の趣味を伏せていたりしていました。 が、たまに車の中のCDなどで趣味がバレてしまった

時など「うそ~!こんな趣味があったんですか」などの反応がありましたね(笑)

また、カラオケでは80年代後半以降の邦楽を殆ど知らない為、昔の曲ばかり歌ったり演歌

歌ったりでとりあえず周囲に合わせる(^^; このような経験のある方も多いのではないでしょうか。


ロック好きの多く集まりやすい大都市近郊の方々が時折羨ましくも思います。

首都圏に出掛ける時は毎回時間が足りなさすぎるので、次回からは出来る限り長い時間滞在

したいですね。 また東京に住もうかな(ウソだけど願望あり・笑)


FIREFESTももうすぐなのでECLIPSEを1曲

captive.jpg capyive-b.jpg

アメリカのメロディアスHRバンド96年のアルバム。

けっしてハードではないですが、メロディを重視した味わいのある楽曲の数々は

大変充実しており、うっとりと浸れる好作です。

♪Outlaw


♪Just One Touch


♪Over You Over Me


個人的にはJames Christianのソロ作などと同じ感覚で聴いている感じですかね~。

メロディ派、産業ロック/AOR系のファンは是非抑えておきたい1枚です。



AnderSteinにも中古の在庫がまだ数枚ありますョ。
AnderStein CAPTIVE HEART


Fergie FrederiksenのAngel Don't CryのPVが公開されましたね。



この曲が再びプレイされることはとても嬉しいですね(^^)

TOTO / Angel Don't Cry


うーん、ギターはやはりルカサーがいいですね~(^^; スティーヴのKeyも外せない。
tomalo-live.jpg tomalo-live-b.jpg

Tute(Vo)を中心としたアルゼンチン産メロディアスハードR&Rバンド2012年のアルバム。

メンバー…Tute(Vo), Zar(B), Nivo(G), Sweet(D)

KISS大好きバンドでへヴィかつキャッチーで粋の良さを感じさせるバンドです。

♪Live To Rock


♪Walkin Trough The Rain


アルバムプレヴュー



※ 追記

本日入荷しました☆
AnderStein TOMALO / Live To Rock
TOMALOその他のアルバムも同時入荷!
img004.jpg img006.jpg

スウェーデン産メロディアスHRバンド新曲2曲と未発表曲1曲を含む全17曲入り

2006年発売の復活作兼ベスト盤。

Robert Ernlund(Vo)が脱退して以降TREATらしさが薄れしかもバンドは消滅していましたが、

14年ぶりとなるこの作品でRobertが復帰。

当時私はどうせ単なるベスト盤だろうと思いつつも注文だけしておいたのですが、届いて

開けてみるとメンバーショットにRobertが居るし、ベース以外は変わっていないメンバーに

「おぉ~っ!」と目を輝かせ、しかも新曲2曲と知らん曲が1曲あるではないですか。

新曲「I Burn For You」でRobertの声を聴いた途端、嬉しすぎて涙。 しかもTREATらしい

メロディに本当に感激したものです。

未発表曲の「Still In Heaven」は正にアルバム「Organized Crime」時の音。 こんなに

良い出来なのに何でアルバムに入れなかったんだろ。


我々からすると何であの曲やこの曲が入ってないんだ?というちょっとした不満はあるものの、

TREAT入門者には最適な1枚かと思いますし、TREATの良さは十分に伝わる作品だと思います。

♪I Burn For You


♪Still In Heaven 1分44秒頃からのギター、Anders Wikstromのセンスが光ります。
尚、この曲はオリジナルより短く編集してあるそうです。


AnderStein TREAT / Weapons Of Choice 1984-2006

解散が発表されている彼ら。 来月のFIREFESTできっと素晴らしいパフォーマンスを見せて

くれることでしょう。





pa.jpg pa-b.jpg

フランス・パリ産メロディアスHRバンド2012年1stアルバム。

キャッチーかつメロディアスで勢いを感じさせ、ちょっとグラム的な部分も感じさせます。

全体的に初期DANGER DANGERなどのバンドに近い雰囲気で元気一杯ですので、気分は80年代

アメリカ西海岸。 SINNER寄りの正統派的なメロハーもグッドですし、ふと初期BON JOVIを

思わせる部分もあったりでなかなか美味。

♪Shot Of Poison


♪My Superstar


DANGER DANGER、POISON、WARRENTなどのファンは是非チェックを☆

AnderStein PLEASURE ADDICTION / InDependence


昨夜ドドッとCDが到着しチェック等に追われていましたが、どうして集中して届くの

でしょうね~(^^; 今日中に全てをショップにアップ出来そうにありません(汗)

全てが何の問題もない美品ならばよいのですが、何せ海外からですのでケース割れは

多いし、バラで来たものは盤のキズ多いしチェックに時間が掛かってしまいます。

こんな感じで送られてくるものもありますし。
20130902_153615.jpg

盤が何十枚も裸のまま段ボールに入っていることもあったりしましたね(#`皿´) それで

盤が段ボール内で暴れて傷だらけ。 海外からの発送には気を付けましょう。

欧州は割としっかり梱包しているところが多いですが、まあ色々ありです(笑)


さて、仕事頑張ります☆ 現在のBGMはStan Bush。 この曲大好きです♪


BOS.jpg BOS-b.jpg

アメリカのハードポップバンドの19曲入りの作品。

キャッチーでポップなナンバーを中心とし、スリージー/パンク寄りの軽快な楽曲から

BON JOVI系のメロディアスな楽曲まで爽やかに気分良く聴かせてくれます。

♪Know It's Over


♪Throwing It All Away


ポップで粋の良い楽曲が多いですがバラードも良いです。 キャッチー・爽やか・ポップ・

メロディアスといった言葉に反応される方、7th heavenなどのファンの方は是非チェックを☆

本日再入荷致しました(^^)
AnderStein BEST OF SEVEN / Turn It On Again

FF-any.jpg FF-any-b.jpg

TORILLION〜LEROUX〜TOTOなどで知られるFergie Frederiksen(Vo)の2年ぶり

となる2013年ソロアルバム。 前作も大変素晴らしい作品でしたが、今回もまた充実した

楽曲がズラリと並びメロディックファンは聴き逃せない内容になっていますね。

参加ミュージシャン…
Alessandro Del Vecchio(Produced, Key, Back Vo), Nik Mazzucconi(B), Herman Furin(B), Robert Sall(G), Bruce Gaitsch(G), Walter Caliaro(G), Peter Friestedt(G), Alessio Berlaffa(G), Sven Larsson(G), David Coyle(G), Roberto Tiranti(Back Vo), Issa Oversveen(Vo)

♪Last Battle of My War


♪Times Will Change


♪When The Battle Is Over


また、タイトルトラックはJim Peterikとの共作です。 そしてラストにTOTO時代の彼を

代表するナンバー「Angel Don't Cry」。 30年近く経った今も声は殆ど変っていませんね。

癌と戦う彼の歌声に感動です。 ずっと応援していきたいと思います。

前作に引き続き、多くの方々に聴いていただきたい作品です。


AnderStein FERGIE FREDERIKSEN / Any Given Moment

AnderStein FERGIE FREDERIKSEN / Happiness Is The Road
AnderStein FERGIE FREDERIKSEN / Equilibrium
AnderStein FREDERIKSEN - DENANDER / Baptism By Fire


Y&Tの来日が決定しましたね。 WINGERとFIREHOUSEも一緒です。

1月10日(金) クラブチッタ Y&T単独公演
1月11日(土),12日(日) クラブチッタ Y&T, WINGER, FIREHOUSE
1月13日(祝・月) なんばHatch Y&T, WINGER

特にY&Tは長年観たいと思いつつ観ることが出来なかったので行きたいのですが
行くことが出来るといいな~。そういえば昔FIREHOUSEのチケットをゲットしておきながら
仕事の都合で間に合わなかった過去を思い出しました(^^;

公演の詳細はコチラ



treat-pp.jpg treat-pp-b.jpg

スウェーデンのメロディアスHRバンド86年2ndアルバム。 当時すでに彼らにハマりまくって

いた私ですが、ようやく近年になり彼らの認知度が高まってきて嬉しく思っています。

このアルバムは輸入盤(LP)が先に出て、長崎市内にあるはずも無く、福岡市内を探しまくり

当時床がミシミシと音をたてる古い木造の2階にあった70's Recordsさんで見つけた時は感激

しまくりでした。 そしてその音を聴いたときの感動は忘れられません。


メンバー…
Anders "Gary" Wikstrom (G & Key)
Robert Ernlund (Vo)
Ken Siewertson (B)
Lillen Liljegren (G)
Leif Sundin (D)
因みに1stアルバムのDは後にDALTONを結成するMats Dalton。Jamie Borgerは3rdから加入。


ウェットで透明感のある北欧らしさとエッジとフックのある楽曲の数々。 洗練された内容に

1stアルバムと比較すると大きな飛躍を感じさせられました。

名曲♪Wating Game 個人的に打ちのめされました。ギターソロの哀愁感がたまりません。 


♪Eyes On Fire
プロデューサーのGregg Winter作。BLUE OYSTER CULTもやってますがTREATがめちゃマッチ。


♪Fallen Angel 文句なしのカッコ良さ。


北欧らしさと誰でも口ずさめるメロディ。 Andersの作曲センスに当時から脱帽していました。

そしてRobertの声がこの音楽性にハマり過ぎているのがTREATの魅力でもあると思います。

よく北欧のBON JOVIなんて言葉が使われますが、私はその言葉が嫌いです(笑)

TREATについて書くとあまりにも長くなりそうなのでこの辺で(^^;

AnderStein TREAT / The Pleasure Principle

AnderStein TREAT / Coup De Grace
AnderStein TREAT / Dreamhunter
AnderStein TREAT / Organized Crime
AnderStein TREAT / Weapons Of Choice 1984-2006

カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

あん

Author:あん
1966年3月長崎市稲佐生まれ西彼杵郡琴海町(現長崎市)育ち

・小学5年から洋楽にハマり、その後Gary Mooreにしびれメタルにハマる
・福岡市・埼玉県大宮市・東京都江戸川区居住歴あり
・長年の広島東洋カープファン
・O型
・出没地…長崎市北西部/西彼杵郡時津町/青森県八戸市/都内各所