Category : 音楽

最近TwitterやFacebookで「私を構成するアルバム9枚」を公表するのが流行ってるようですが、ふと思い出した懐かしの遊び...(くだらないので注意・笑)

83~84年頃ファミコンが登場しマリオ等にハマった方も多いと思いますが、私も一時はマリオと野球ゲームにかなりハマった時期がありました。野球はファミスタをはじめ色々な物に手を出しましたが、選手の能力や名前を設定しプレイ出来るゲーム(名前は思い出せない)では、好きなミュージシャンでチームを作ってました(笑)
その頃は87~90年頃だったと思いますが、そのチームはミュージシャンで構成され(確か選手の名前が5文字しか入力出来なかった)、不動の1番ショート・アンダース(トリートのね)に不動の4番ファースト・メニケティ(強そう)、エースはゲイリー(ムーアね)だったな。2番セカンドがジャック(ブレイズ・殿間的役割)、3番サイクス(守備位置忘れた)、5番サードがギルス(ブラッド)だったことは覚えている。ルカサーやアペルグレ(パトリック・アッペルグレン、トリートの)もレギュラーだったかも。そうそう!キャッチャーはシナー(マット)だった。
ピッチャーはシンガーが務めることが多く、本格派のゲイリー(ギタリストだが歌うしエースに相応しい貫禄)の他、速球派ハーネル、試合をそれなりにまとめるロバート、クラウス(レスマン)、本格派クリスチャン、技巧派キース(マレル)らでローテーションを回してたっけ。くだらね~(笑)

今そのゲームをやったとしても1番ショート・アンダースは間違いなく不動(笑) エース、ゲイリーは残念ながら引退ですが、別のゲイリー(ヒューズ)がマウンドで仁王立ちする姿が目に浮かぶ(笑) 主将は間違いなくダーレン(ワートン)だろうな。
現在はゲームは全くしないが、あのゲーム、名前忘れたけど良い思い出。くだらない話でゴメンちゃい。


私の9枚をTwitterで発表する気は無いですが、完全にメロハー脳になったのは間違いなくこの曲。

当時から熱烈なアンダースファンでありTreatファンなので「あん」と名乗っていますが、最近やたら騒がれてることに違和感ありあり(笑) 当時は「へ?トリート??」と言われたのに、ここ数年でやっと良さに気付いてくれた人が増えてきたことは嬉しいです。


Hardreamsの新譜が好調な売れ行きです。ありがとうございます!2月後半の発売予定でしたが、レーベルの正式な発売日は1カ月早い1月22日なので既に海外でも販売されています。

キャッチーで哀愁があってキーボードあり... と、メロハーファン大好物の音楽。

それと、Grand SlamとWigeliusが大好評!予想以上の反応だったので入荷が追い付いていませんが、来週火曜または水曜に第3弾入荷予定です。また、その他にも新しいナイスなバンドも幾つかリリース待ちですのでお楽しみに!


あけましておめでとうございます!今年もどうぞ宜しくお願い致します。

前回告知していました2015年当店の売上枚数ランキングを発表したいと思います。
国内盤が発売されている商品は当店では上位にくることはありませんが、ある程度の人気の目安にはなるかもしれません。
※ 順位は卸売販売分を除いたものです。

zaneta400pic.jpg RoomEX250.jpg davidasaylorBTF4.jpg


1. ZANETA / Tales From The Sun
2. ROOM EXPERIENCE / Room Experience +3
3. DAVID A SAYLOR / Built To Fight
4. S.A.Y / Orion
5. ART NATION / Revolution
6. ICE BLUE / Back To The Light
7. PUSH UK / Future Into The Past
8. THE RADIO SUN / Heaven Or Heartbreak +3
9. MICHAEL BORMANN / Closer
10. STRANGERS / Survival
11. STREET TALK / Restoration +9
12. THE VAL / Heading For The Surface
13. CONSTANCIA / Final Curtain +3
14. ROB MORATTI / Tribute To Journey
15. STATION / Station
16. STREET TALK / Transition +7
17. MARENNA / My Unconditional Faith (ブラジル盤とEU盤の総数)
18. Champlin - Williams - Friestedt / CWF
19. STREET TALK / V +6
20. VALERIE / Young Hunger
21. ICONIC EYE / Hidden In Plain Sight 
22. EQUATOR / Fire
23. NEWMAN / The Elegance Machine
24. SERPENTINE SKY / Serpentine Sky +3
25. CHINA SKY / II
26. TALON / Fourplay
27. 91 SUITE / 91 Suite (旧作が突然の人気)
28. EDEN / Eden
29. VICE / Hot...Just Looking At You
30. SUPERSTITIOUS / Ride On The Stars
31. VICE / Na Na Naughty
32. 7TH HEAVEN / Next
33. DESTINE / Forevermore
34. THE TOI / Water Into Wine
35. LIONCAGE / Done At Last
36. REACH / Reach Out To Rock
37. HORYZON / Horyzon
38. CROSSROCK / Come On Baby (ブラジル盤とEU盤の総数)
39. V.A. / TORCH: The Music Remembers Jimi Jamison & Fergie Frederiksen
40. SUPERSTITIOUS / Superstitious
41. RADIOACTIVE / Legacy [3CD] (新作発売と同時に再人気)
42. DRIVE, SHE SAID / Drive, She Said
43. DRIVE, SHE SAID / Drivin' Wheel
44. EDGE OF THE BLADE / The Ghosts Of Humans
45. CARE OF NIGHT / Connected
46. TORINO / Customized
47. SUPREMACY / Leaders
48. LAZY BONEZ / Alive
49. CORVUS / Chasing Miracles
50. AILAFAR / No Limits
51. NAKED / End Game
52. ROYAL MESS / Royal Mess +1
53. DIRTY TRYX / Rough Ride
54. WORK OF ART / Framework
55. HANSEL / 69 Minutes With Hansel
56. VINDICTIV / World Of Fear +1
57. TORINO / Rock It
58. OSUKARU / Transition
59. HUNGRYHEART / Dirty Italian Job
60. VALENTINE / Bizarro World

今年はRoom Experienceの1位は揺るぎないと思っていたのですが、Zanetaが12月に逆転。Room Experienceは即レーベル完売しましたので仕方ないですがZanetaの勢いは凄かったです。

個人的によく聴いたのは...
1. ZANETA / Tales From The Sun
2. DAVID A SAYLOR / Built To Fight
3. MICHAEL BORMANN / Closer
4. ROOM EXPERIENCE / Room Experience +3
5. THE VAL / Heading For The Surface
6. STRANGERS / Survival
7. THE RADIO SUN / Heaven Or Heartbreak +3
8. TALON / Fourplay
9. HUNGRYHEART / Dirty Italian Job
10. 7TH HEAVEN / Next
適当ですがほぼこんな感じでしょうか。仕事柄どうしても国内盤が出たアルバムは後回しになってしまいます^^;

今年もWigeliusやGrand Slam、Tango Down、Rage Of Angelsなどなどの新作発売が既に発表されていますが、その他にもいろいろとある予定ですのでお楽しみに!


2015年お気に入りの曲を並べてみました。パッと思いつきなので漏れてるものもあるかもですが、ほぼこんな感じ。


1. I.F.O.R. (Italian Forces Of Rock) / We Still Rock
この楽しさこそ音楽本来の良さ!と改めて思わされた素晴らしいプロジェクト。CD発売予定は無いですが(アルバム制作予定も全く未定)、アーティストの為にも是非ダウンロード購入してくださいね!


2. Zaneta / Maryanne
素晴らしいアルバムの中でもインパクト抜群のオープニングナンバー


3. Rainbow Girls / She-Bop Nation 
ハードロックでは無くカントリー系女性バンド。ハードロック耳にはアルバムは退屈だがこの曲はドハマり。


4. 7th Heaven / Diamonds
彼らのポップセンスは相変わらずお見事


5. Magic Dance / Still Haunting Me
掘り出し物。過去作も含めCDは発売されてないのでダウンロード購入を是非。


6. Room Experience / Rainbow In The Rain
ボートラ付き限定盤がさっさと完売した素晴らしいアルバム


7. Valerie / Young Hunger
粗さはあるが、ちょっとイモ臭いところも逆に魅力


8. Strangers / Never Stop
大幅に曲が向上し期待以上に仕上がったアルバムのカッコいいオープニングナンバー。Tシャツも買ってね。


9. David A Saylor / Built To Fight
メロディアスなアルバムを連発するDavidさん流石です


10. Constancia / Hang Tough
前作以上に見事なアルバムで嬉しい復活



アルバム編もやろうかなとは思ってます。また、年明けにはショップの年間売上枚数ランキング(Top 40 or 50)発表予定です~ではまた!



先月より海外からの荷物が揃いも揃ってなかなか到着せず、どうなってるの?という感じなんですが、テロの影響とかもあるんですかね。焦っても仕方ないけど、米・英・独・丁・伊・西・伯・豪... どこからでもいいから早く届いてくれと願う今日この頃。


さて、先日公開されたHungryheart、Room Experienceらのイタリアのミュージシャン達によるプロジェクトI.F.O.R.のWe Still Rockという曲、メンバーも凄いですが曲もグッド。



メンバーによると、とても楽しかったとのことで、映像からも楽しさが伝わってきますね。
この曲はHungryheartのギタリストMario Percudaniさん(この人ホントやり手だと思う)が運営するレーベルTanzan Musicより今月14日にデジタルリリースされるようです。


続いては、春に入荷を予定していましたが待ちに待たされたStill Living。完成していますので、入荷までもう暫くお待ちを。
全12曲中8曲を聴かせていただいたのですが、なかなか良い曲が揃ってます。

StillLivinghu.jpg



元々レーベル在庫も多くありませんので早めにゲットしておきましょう。因みに、少し前までは「金が無いから今回もCD-Rしか出来ない」と言っていた彼らなのですが、頑張ってCDにした模様。

そういえば、現在はマイナーメロハー系だと500枚限定盤でも売れ残っていることもしばしばありますが、昔のように何千何万と売れる時代ではなく、限定盤ではなくとも最初からプレス数は多くない場合が殆どですので、買えるうちに確保しておきましょう。「限定」と明記されていなくても実は500枚のみということも少なからずあります。販売見込みが僅かであればコストの都合上当然CD-Rとなりますし(最初からCD-Rのみのレーベルもあります)、初回100枚なんてのもあります(売れたらまた100枚というスタイル)。初回プレスが完売するとCD-Rに切り替えるバンドやレーベルもあります。
稀に、「CD-Rじゃなくて何故正規品のCDを仕入れないのか」とのご意見をいただきますが、正規品がCD-Rなんですよね...。CDが存在しないことを告げると、「嘘を言うな!自分で探すから結構」とキレられたことも何度かありますが、存在しないんですよね。初回CD-Rが好評で後にCDに切り替えるケースもありますが、割と名の知れたアーティストでもハンドメイド感溢れるCD-Rを普通に販売していますし、アーティスト直販で購入したけど届いたらチープな作りのCD-Rだったという経験をされた方も多いのではないでしょうか。日本でCD-Rが嫌われることをちゃんと理解しているレーベルやバンドも多いですが(私も伝えていますが)、CDでもCD-Rでも外国人にとっては些細な事のようで気にしてないことが殆どですし、他に職を持ちつつ僅かな枚数でもCDを出そうと頑張る彼らに掛かるコストの都合上どうぞご理解を。
また、アメリカのミュージシャンの中にはアメリカはもう死んでいると嘆いている方もいます。私もアメリカは終わった感すら感じていましたが、ミュージシャンもそう思っていたんですね。確かに欧州などは活発ですが、アメリカではCDが売れないのですから彼らは厳しい状況ですね...


お問い合わせも多い11月発売予定AMBOAJE / All About Livingですが、1月29日に延期されています。もう暫くお待ちを。


来年も多数のアーティストの新譜が聴けそうですが、マイナーなアーティストにもかなり良さげなアルバムリリース予定がありますのでお楽しみに。

最近気に入ったアメリカNYのバンドMagic Dance



ショップに入荷すべく探し回りましたが無く、バンドへ直接問い合わせると「CDは無いよ。ダウンロードのみの販売なんだ。聴いてくれてありがとう^^」と言われちょっとガッカリ。
80年代ポップスやAORファンにはたまらない音楽性だと思います♪



ダウンロード購入はこちらから


お次は最近Ailafarのアルバムで久しぶりに声を聴いた方も多いのではないかと思いますFrontlineのStephan Kamerrerさん。



Ailafarは当店でも勿論大量ストックしていますのでアルバムを是非聴いてみてくださいね。
AnderStein - AILAFAR / No Limits

そのStephanですが、現在はStereotideというバンドを最優先で頑張っていらっしゃいます。こういう音楽を何と表現するのかよく知りませんが、本当にこれがStephanかと思うほど若々しい。相変わらず良い声してますね。





本人に聞いてみたところ、今はStereotideが一番だけど、そのうちまたFrontlineでアルバムを制作したいとのことでした。待ってるよ~^^


お次は今日入荷を予定しているGary Schuttさん。今回は2枚組の大作ですよ。
個人的には昨年からのお付き合いですが、今回はGaryさん本人から当店へ是非とオファーがありました。チョコチョコといろいろなバンドやレーベルからオファーが届き、ほとんどをお断りまたはスルーしていますが(だってメロハーじゃないのが多いんだな)、こういうのは大歓迎。




これも今日入るかもなCats In Space。70~80年代の空気そのままなのがグッド。




久しぶりのブログでしたが、今回はこれにて。



毎年秋に行われていたメロハーの祭典Firefestが昨年で終了し、代わりに今年はRockinghamが開催されますが、これまでのFirefestのラインナップと比べても熱いですね。

rockingham.jpg

早い時点でラインナップが決まっていれば行くことを決めていたかもしれませんが、すでに断念。 海外のミュージシャンやレーベルからもRockinghamは行かないのか?とメールが来ますが、行けないのが辛いッス^^;
特にGiuffriaが観たいですね~。 来年以降MelodicRock FestやHRHなども是非行ってみたいとは思いますが多分行けないんだろうな...。

Rockinghamチケットはまだ残っているようですので、行きたい方は今からでも間に合いますよ~^^
http://www.alt-tickets.co.uk/rockingham/rock-city/2015-10-23-12-00


はい、今日も何も荷物が到着してません...。 数日前に書いた荷物の件ですが、昨日相次いでようやく飛行機に載った模様です。
また、「CONSTANCIA / Final Curtain +3」と「VINDICTIV / World Of Fear +1」ですが、こちらも入荷がかなり遅れそうです。 ご了承下さい。

〒 「えー!じゃあ来週ぐらいまとめて来るかもしれんとですか! うわ~(出荷も)多なるですばいね。」
私 「えらい何もかんも遅れとっとですもんね。」
〒 「飛行機に乗って取りに行ってこんですか!」
私 (^◇^;)
と、このような会話が行われております(笑)


さて、独り言。

シンガーやギタリストによるワンマンバンドより、シンガーとギタリストの強力コンビなど2人居るとマジックが生まれたりしますし強いですよね。
AerosmithのStevenとJoeや、Cheap TrickのRickとRobin、Bon JoviのJonとRichieなどが代表的でしょうか。
TreatのRobertとAndersもそうだと思っていますが、Robert不在時はTreatらしさが薄まり、Robert復活後はまたもマジック。
BonfireのClausとHansなども強力コンビだと思いますので、Clausにはまた是非復帰してもらいたいものです。

最近思うのはTen。 最近のTenの作品も勿論良いですが、ギターは3名になったし良いプレイも聴かせるけど何か物足りなさというかワクワク感がね...。
考えてみれば元々Tenの何に期待していたかといえば、楽曲とGaryの声は勿論、Vinnyのギターが大いに楽しみな要素のひとつだった。
昨年のFirefest時にGaryとVinnyがホテルで仲睦ましく飲んでいたことはこのブログで紹介しましたが、この後またVinnyとGaryの共演が実現することを期待して止みません。 DareでもそのままプレイしていてほしいけどGaryとマジック起こしくれよ~。


話は変わりますが、Melodic Rock Fest 4の模様を収めたUSB(64Gなので高価)が発売されますが、今後CD発売無しでUSBでの発売もチョコチョコ出てきたりするんでしょうかね。 私も以前からUSBで販売したらどうなの?と思っていたところなのでタイムリーでした。 CDやCD-Rで傷付いたり音飛びするよりマシって人もいるでしょうし、ダウンロードより何であれ現物を持っていたいと思う人もいるでしょうし。 まあ、賛否あるでしょうね^^;


久しぶりにブログ書くような気がします(笑) 実は途中まで書いていながら時間が足りず、そのまま没ってのが結構ありました^^;

今年も早くも半分経過。 上半期の順位発表! 私のお気に入り順ではなく、ショップの売上枚数順です。
何で今更コレが入ってるの?ってのもありますが、謎人気。

1. ROOM EXPERIENCE / Room Experience +3
2. DAVID A SAYLOR / Built To Fight
3. ICE BLUE / Back To The Light
4. S.A.Y / Orion
5. THE VAL / Heading For The Surface
6. ROB MORATTI / Tribute To Journey
7. MICHAEL BORMANN / Closer
8. STATION / Station
9. CHINA SKY / II
10. 91 SUITE / 91 Suite
11. SUPERSTITIOUS / Ride On The Stars
12. TALON / Fourplay
13. REACH / Reach Out To Rock
14. VALERIE / Young Hunger
15. ICONIC EYE / Hidden In Plain Sight
16. V.A. / TORCH: The Music Remembers Jimi Jamison & Fergie Frederiksen
17. LIONCAGE / Done At Last
18. SUPERSTITIOUS / Superstitious
19. RADIOACTIVE / Legacy (3CD)
20. DRIVE, SHE SAID / Drive, She Said
〃. DRIVE, SHE SAID / Drivin' Wheel

他にも良いアルバムは沢山ありますが、House Of Lords、Trixter、Ten、Terra Nova、J.Peterik & M. Scherer、Revolution Saintsなどなど国内盤が発売されているものは当店では当然ランク外。
Radioactiveは新作が出たこともありLegacy(3CD)のランクインは納得ですが、91 Suiteはどこかで紹介されたのでしょうかねぇ。
因みに昨年上半期は、Satin/Gunner/David A Saylor/Kings & Dreams/Johnny Lima/Laney's Legion/Alain Concepcion/Sunstrike/Overland/Stan Bush/The Radio Sun/Loud Lion/Free Spirit/Alien/Kjetil By/W.E.T(Live)などなどがランクイン(たぶん)。 去年のほうが華やかな気がする...。

個人的なお気に入りは、The Val、M. Bormann、Room Experience、Superstitious、Talon、Ice Blue...って殆んどどれも好きですが、特にThe Val、M. Bormann、Room Experienceなどを愛聴。

いろんなバンドやレーベルから今後のCD発売の連絡がチョコチョコと入ってきていますが、より多くの新譜の発売を期待しています。 まだ言えませんが、あのバンドやそのバンドの新作や、このバンドの再発も予定されていますよ~(^^)


気が付けば久しぶりになってしまいました、、。 汗

私の店では再発盤は新譜と比較するとやはり売れないことが殆どですが、その中でAOR HEAVENのClassixシリーズはいつも検討していますね。 なかなかメロハーファンのツボを得た発売が多いですし、早めにゲットしないと手に入りにくくなるシリーズというのもあるかもしれません。

また、再発だとボーナス・トラックがあるかどうかで購入意欲も変わってくると思います。
現在某バンドの幾つかのアルバムをボートラ付きで再発の計画があります。 あくまでも計画段階ですし、公式に発表されるまでお待ちを。 中止になったりして^^;
他にも過去の作品を再発しようかと検討しているアーティストもいくつかいます。 私はアーティストなどから話があれば、再発するならボートラを付けるべきだと提案していますが、アーティストにとって厳しい時代ですので再発自体もなかなか難しいようです。


さて、こちらは最近入荷したRomeo's Daughterの新作。 しっかりと心に響くメロディが光っており、80年代メロディックロックファンにはたまらない作品かもしれません。 ハードポップ/AOR/女性Voファンは聴き逃せない作品となっていますので、未聴の方は是非チェックしてみてください。




5月22日発売予定のMichael Bormannの新作のサンプルが先日公開されました。 Bormann様本人がご丁寧に当店宛にメールで教えてくれました。

しかしこれだけだと何とも言えないですね^^;

同じくドイツのベテランBONFIREはシンガーがバンドの顔でもあり大好きなClaus Lessmannじゃないのが個人的にしょんぼりなのですが、かつてのナンバーのリメイクも収録。



コチラ、以前チラッと紹介したバンドです。 去年発表されたのですが、念願のCDが発売。

手配してからすでに2カ月近く経過しているのですが、いつ届きますやら...。 因みにこの地域からは毎度到着まで少なくとも2~3か月掛かるので気長にお待ちを^^;

ついでにこちらはTwitterでチラッと紹介した同バンド2012年の音源。 素晴らしいです。



先日紹介したRoom ExperienceとS.A.Yのこれらの曲も公開されましたね。 どちらもアルバム全体グッドなのでお楽しみに^^



今気付いたのですが、先日当店にシングルが入荷したMarennaのFacebookページに当店が紹介されていました^^ 

2 Marenna Official

新たな曲も公開されています。




アメリカのHRバンドSwirlのFourth Of Julyがラジオで流れましたので未聴の方は是非チェックしてください! L.Aメタルなど粋の良いHRのファンは要チェックのバンドです。 ラジオ内で当店の紹介もされておりビックリ。

勿論当店で購入可能です^^ 当店取扱いのこの商品はバンド正規品(CD-R仕様ですが)のボートラ付き全7曲入りです。
AnderStein SWIRL / Swirl


こちらも粋の良いHRバンドTonk。
Tonk_RV.jpg
正直に言いますと私はあまり期待していなかったのですが^^; アルバム全体通して聴くとだんだんとハマってくるんですね~^^ 日本でも一部でかなり評判になっているとの噂を聞きましたが、ホント、80年代のL.Aメタルなどを好きな方は要チェックですョ。

この曲しかYouTubeでは聴けないようですが、良い曲が並んでます。 個人的にはマッツ・レビン時代のTreatを思い出してしまうんですよね^^
AnderStein TONK / Ruby Voodoo


こちらは同系統でもちょっとメロハー/正統派寄りでグッドなドイツのStrangelet。

これからの活躍にも期待です。
AnderStein STRANGELET / First Bite [ステッカー付き]


Strangeletを聴くと何故かつい思い浮かぶこちらはハンガリーのTwister。




歌詞は英語ではありませんがなかなか良いバンドです。
AnderStein TWISTER / Duplacsavar
AnderStein TWISTER / As Ordog Lanya



今後発売の新譜を2点。
この2点は来月後半発売予定(輸入盤)。

RoomExperience.jpg

David Readman (Vocals / PC69, Voodoo Circle)
Gianluca Firmo (Keys)
Davide "Dave Rox" Barbieri (Keys&Guitars / Wheels Of Fire, Charming Grace)
Pierpaolo "Zorro11" Monti (Drums / Shining Line, Charming Grace, Lionviille)
Amos Monti (Bass / Shining Line, Charming Grace, Lionville)
Steve De Biasi (Guitars / Gunshy, Charming Grace)

アルバムをフルで聴かせていただきましたが、本当に素晴らしい出来なんです。 アルバムを聴き終えると、この手の音楽を好きでいて良かった♪と思える満足感に浸れます。 ひと足お先に聴きまくっていますョ~。





Say-Orion500.jpg

スウェーデンのSTONELAKEのメンバーによるメロディアスHR。TNTファンは聴き逃せませんよ~^^ こちらは数か月前にお先に全曲フルで聴かせていただいていたのですが、思いっきりTNTです(笑)




まだ詳しくは言えませんが、他にも幾つかグッドなアルバムのリリースが待ってます。 去年の春はSunstrike、Alien、Stan Bush、Overland、Laney's Legion、Three Lions、Free Spirit、Satin、Kings & Dreamsなどなど良い作品が続いていましたが、今年も続々と良作が出ることを期待したいですね^^


3月だというのにこちらは昨夜からずっと雪が舞っており寒いです~。

前回のMat Sinnerの記事が意外に反響がありCDもチョコチョコと売れております。
Sinnerは一般にはメタルバンドとして知られていますが、実はメロハーファンにも美味しいアルバムや曲が多数あります。 てなわけで、それらをちょっとご紹介。

メロハーファンにも美味しいSinnerのアルバムはズバリ86年から95年。 私は初期から聴いていてへヴィなのも好きですが、一般にイマイチ不評なこの時期も好きです。
・Comin' Out Fighting (1986)
・Dangerous Charm (1987)
・Back To The Bullet (Mat Sinner名義1990)
・No More Alibis (1992)
・Respect (1993)
・Bottom Line (1995)

Lost In A Minute / Comin' Out Fighting (1986)

ハードながら美しい曲。 このアルバムは程良いポップさとハードさが良いバランスでグッド。

Tomorrow Doesn't Matter Tonight / Dangerous Charm (1987)

ポップ過ぎるアルバム。 こんなのSinnerじゃ無い!こんなポップなのにその男臭い声は合わんやろ!と、個人的には聴く頻度はかなり少なかったです^^;

Burning Heart / No More Alibis (1992)

この曲は凄くお気に入りです。 アルバムにハードさが戻りグッド。

Fire In The Dark / Respect (1993)

このアルバムは密かな名作だと思っています。 Sinnerらしさがさらに戻り、哀愁感あるメロディアスハード/正統派HR。 全HRファンにオススメ。

When Silence Falls / Bottom Line (1995)

このアルバムもへヴィさ、キャッチーさ、哀愁ともに備え楽曲充実。 個人的に最もSinnerらしい↓は大のお気に入り。



以上、興味が湧きましたら是非!
因みに上記アルバムが当店に置いてあるとは言ってません^^;


※追記
No More AlibisとRespectが当店に僅かながら在庫がありました。 もう無いと思ってました^^;
AnderStein SINNER / No More Alibis
AnderStein SINNER / Respect


昨夜は早々と寝落ちしてしまい変な時間に目覚めてしまいました(現在深夜2時半)。

目覚めてからBGMは久しぶりにスペイン産メロハーStrangersの「Emotions」を聴いてたんですが、


そういえば、最近スペイン産の良いバンドが多いなと、ふと思った次第。
特に女性Voものでは、Sound Of Eternity、Xtasy、Ice Blue、The Val、いずれも良い出来ですし、男性陣もSecretやAirless、Dangerなどなどが居てなかなか熱いですね。 これらは歌詞は英語ですが、スペインはまだまだスペイン語のバンドが多く、スペイン語だと日本でもなかなか受け入れられないのが実情。 英語のバンドが増えれば注目される国になると思いますが増えますかね^^;

現在Ice Blueと共に大変好評なTha Val

AnderStein THE VAL / Heading For The Surface


AnderStein XTASY / Revolution


AnderStein SOUND OF ETERNITY / Visions & Dreams

AnderStein ICE BLUE / Back To The Light


AnderStein NEXX / Another Dawn (国内盤)

因みにDangerのRescue 1989はご要望多数に付き再入荷を予定しています^^

Ice


彼らがFacebookページに取り上げてくれました♪ CDの写真は私が撮って中心人物のミゲル・ブラボーさんに送ったやつ。
1 ICE BLUE

因みにミゲル・ブラボーさんの本名はミゲロンチンポンマイケルさん。 お~ブラボー!!

さて、当店のIce Blueの在庫が少なくなってきているのですが、万が一Sold Outになっても大量追加オーダーしていますのでご心配無く^^


アーティストやレーベルがCD発売前にYouTube等にPVを公開しますが、何でこの曲なの?あの曲にした方が良いのに... と思うことも多々ありますね^^; その曲でアルバムのイメージを左右しますから大変重要なことかと思います。 パッとしない曲だった場合、当然印象悪いですからね~、、個人的にはアルバムプレビューみたいなのがいちばん有難いかな^^

さて、アメリカの女性VoハードロックバンドGypsy Flightのシンガーとギタリストの美熟女ツーショットが今日彼らのFacebookページにアップされていたのだが、熟女ファンはついウットリしてしまいそう(笑) あ、私は特にそういうマニアではないですよ念の為^^;
Facebook Gypsy Flightページはコチラ


Ice Blueのアルバムが好評です。
ギタリストのミゲル・ブラボーさん以外メンバーが変わり、依然と印象が異なるかもしれませんが、メロディアスな楽曲がズラリ。 メロディアスHRファンはお見逃し無く!AnderStein ICE BLUE / Back To The Light

ミゲルさんの計らいで個人的にメンバーのサインをいただきました。 ポスターもいただいたのですが、結構シワシワでした^^;
IMG_1234.jpg IMG_1235.jpg


こちらは熟女ではありませんが、E19も大変好評をいただいています。 欧州の専門店でも取扱いが始まったようです。

お聴き逃し無く! AnderStein E19


Satinは昨夜完売しました。 これまでずっと継ぎ足し補充してきましたが、昨夜発売元のレーベルに聞いたところ完売したとのこと。 再度プレスする可能性はあるとのことでした。
某誌には載ってなかったとの報告を受けましたが、そうならば数日でボンと売れたのはどこかで話題になったのかもしれませんね。 ※ 追記 やっぱり載ってたみたいですね^^;


さて、こちらはスペインのIce Blueお久しぶりの最新アルバムより。




こちらはRetrospect Recordsのフェス。 Ronny Leeさんも参加。
RetrospectRockfest.jpg

Fan Halen?


THE VALのFacebookページに当店のソールドアウトの記事が掲載されていたのですが、こういうのはホント嬉しいです^^ 海外のアーティストは結構見てくれているようで、Dion BaymanさんやStoneflowerなどなども取り上げてくれていました。 ソールドアウトになったのを見て、また追加でどうだい?とメールしてくるアーティストも割といます(笑)

その再度の入荷に関してですが、再入荷を希望されるメールやお問い合わせを多くいただいており大変有難く思っています。 しかし海外の名の知れたレーベルや卸売業者などでの取扱いが無いアーティストの場合は現地のレーベルやバンドから直接取り寄せるのですが、まとまった数量をオーダーしないことには安く提供してもらえません。 すでにある程度売れたのに、またまとまった数量が売れるかが再入荷の決断ポイント。 これは毎度頭を悩ませています^^; 過去に売れたのに再入荷しない理由はソコなんです~あと最近の円安がデカ過ぎます(> <) 大量に売れ残ったら怖いです(^^; というわけでご了承下さいませ。


さて、今月中旬入荷予定のChina Skyの復活作より。

Escape Musicからは、Talonの新作やRob MorattiのJourneyトリビュートなども今後発売が予定されています。


そういえばずっとそこそこ売れ続けてはいたSatinですが、昨日辺りから再びポンポンポンっと売れ出しました。 まだ某誌は見てないけど載せるとはお聞きしていたのできっと載ったのでしょうね。 はい、残り僅かとなりましたョ~お早目に。
AnderStein SATIN / Satin



アメリカのAOR/ハードポップバンドWindsor Driveのアルバムが楽しみです。 これまでに多くのEPをリリースし、日本でもツアーを行っていたみたいですね。 http://windsordrivemusic.com/

なんとなく7th HeavenやWork Of Artなどを思わせますね^^ 3月27日AOR HEAVENから発売予定。


こちらはまた違ったタイプのアメリカのバンドSwirl。 イカしたハードロックンロール☆ 楽しみ♪



続いては運よく発見したブラジルのメロハーバンドStill Living。 これは2012年のアルバムですが、メロハーファンは涎が出る人もいるかも(笑) 数量限定(レーベルの残り少ない在庫買い占めました)で入荷決定。



で、こちらも運よく見つけたブラジルのメロハー/スリージーバンドCrossrock2014年のアルバム「Come' On Baby」より。 このアルバムも楽しみ。



こちらはMarennaというバンド。 これシングルでの発売ですが良い曲なので入荷決定。



他にも紹介したいのはありますが時間無くここらで。


先日、クロネコメール便の廃止が発表されましたね。 オークションやAmazonなどに出品している方をはじめ、結構影響が出るのではないでしょうか。 特に送料で利益を得ていた販売者などは痛いニュースかもしれません。 クロネコメール便に代わる新しいサービスも開始されるようですが、これまでが安すぎるくらいだったので同じ料金というわけにはいかないでしょうし。

私の店では昨年6月より全て日本郵便にて発送していますので、これまで通り何も変更はありませんのでご安心ください。
当店が利用しているのはゆうパケットが主ですが、このゆうパケットは事業者向けのサービスですので、一般の方はクリックポストやゆうメールに流れて行くことも考えられます。
ゆうメールは発送個数によりますが、契約するとかなり安い運賃なのですが、追跡番号が無いのがネックですので、ゆうパケットやクリックポストの利用も増えてくるかもしれませんね。

以前当店でもクロネコメール便を利用していましたが、配達日数を比較してみると断然ゆうパケットが早いです。
長崎からの場合、関東まで2~4日だったのが、ゆうパケットでは殆どが1~2日で配達完了されています。 よく翌日に配達出来るなと思い郵便局で聞いてみたところ、東京へは集荷翌日の朝長崎空港から乗せられる物は飛行機で飛ばしているそうです(但し絶対では無いのかも。勿論危険物などは全てトラック輸送)。 東北や北海道に関しては飛行機の件は聞いていたのですがやはり東京もでした。


さて、こちらはドイツの新鋭Strangelet。




大変粋の良いバンドで今後に期待を抱かせます。 バンドからコンタクトがあったのですが、実に気さくで思いやりのあるメンバーでした。 そんな人とのやりとりは気分が良いです。
彼らの1stアルバムは日本で最初に当店へ向かってきています^^


ブラジルのメロハー新鋭Vulgar Typeの3曲入りデビューEPはとてもこれからを期待させる出来でした。 当店でも入荷数量は多くなかったものの、初回入荷、追加入荷ともに早々と完売。 ご購入いただいた皆様に感謝致します。 尚、再入荷出来るかは分かりません(汗)

尚、年末にメンバーから当店へコンタクトがあったのですが、アルバムを制作している模様です。 楽しみに待ちましょう^^


昨日、David Antonio Saylor氏(ソロ&Wild RoseのVo)から新しいPVをご紹介いただきました。

この人もコンタクトにCDをリリースしてくれますね^^ この曲からして前作以上に期待大かも。


海外で3月発売のTerra Novaの新作(日本盤も出る模様)も楽しみです。



同じく3月発売オーストラリア産HRプロジェクトEmpires Of Eden。 Ralph Scheepers他ゲスト多数。 メタルファンは聴き逃せないかも。



とりあえずの楽しみはやっぱりCare Of The Nightですかね~。 当店にも来週~再来週あたりに入荷する予定です。



川崎から帰ってもう何日も経ちますが未だ興奮冷めやらぬ日々(笑) 昨日の大阪公演も大いに盛り上がったようですね。

CRASHDIETは初日は一部のファンを除き盛り上がりに欠けましたが、2日目はシンガーが急病の為3人だけでのライヴ。 どうなることかと思いましたが、G&Bが交替で歌い、そして客席も応援しようと一体になった感があり、前日よりも遥かに盛り上がったショーとなりました。 前日のシンガーのパフォーマンスはイマイチでしたが、居ないほうが盛り上がってしまったという貴重な体験でした。

CRASHDIETは勿論良いバンドですが、EUROPEやTREATとは明らかに質の違うバンドだと思うので、ファン層を考えると同系統のバンドを呼ぶべきだったのではと感じました。

それにしてもEUROPEとTREATという80年代から観てみたかった夢のカップリングが実現したことが嬉しいです。
この2つのバンドのショーについては多くの方が書いていらっしゃると思うので割愛します。 特に私がTREATを書くとかなりの長文になりそうなので(笑)
EUROPEは人気バンドであり多くのファンを掴んでいますが、私がひたすら応援するTREATが今回多くの方に絶賛されていることが本当に嬉しいです。

昨日額縁が届いたので、Treatメンバーからもらったサインは一番目に付く場所に飾りましたョ~
IMG_1176.jpg
時計の下はピック。 写真はDareもあるけど殆どアンダース^^;

さて、気持ちを切り替えて仕事します!


1月10日(土)CRASHDIET/TREAT/EUROPE公演行ってきました。

出先の為詳しくは割愛しますが、Treat、本当に素晴らしかった。途中ギターの不具合がありましたが、兎にも角にも素晴らしいショー。選曲もある程度予想通りでしたが、Gimme One More Nightは意表を突かれました。
インストからThe War Is Overと流れるオープニングはやはりたまりませんね。私は最初から最後まで歌いっぱなしの腕上げまくりで汗だくでした。

ライブ前は今回初めてお会いする方と川崎駅近辺で食事し会場へ。会場前ではTreat.jpの管理人様とお会いすることも出来ましたし、会場内でも色々な方と再会。
ヨーロッパ終了後にトリートサイン会抽選があり、私は外れてしまったのですが、その後たまたま見かけたSさんから、私当たったけどトリート大ファンの吉村さんとうぞ!と譲っていただきました。本当に感謝です。
メンバー一人一人からサインを貰い(アンダースはFirefestで会ったこともしっかり覚えてくれていました)、最後にフレデリックにサインをしてもらっていたところ、「Shige!」とアンダースの声。何だと思い振り向くとピックをいただきました。「See you tomorrow!」てなわけで会場を後に。
20150111010143568.jpg

明日はもっと前で見ますよ(*^^*) てなわけで今日はもう寝ます。おやすみなさい。


今週の土日は川崎に参戦することにしました。 何たって私のTreatですから(笑) 今回は東京のみならず大阪も行きたかったけど、さすがに無理でした^^;
ショップは落ち着いてきたこともあり、私不在ですが通常通り営業していますのでどうぞよろしくお願いします。

近年は年に数回東京を訪れていますが、数日しか滞在出来ない為にお会いしたい人達に会えないことを毎回残念に思います。 音楽を通じて知り合った方々やかつての仲間や友人など会いたい人は数えきれないほどいますので、あと数か月滞在したいなどといつも考えています^^;

さて、90年の来日以降、死ぬまでに少なくとも一度はTreatを観たい!と、2013年のFirefest行きを決意したわけですが、また観られるとはね~。 解散とは何だったのか(笑)
参戦される方、Treatの曲は歌いやすいので思いっきり歌いましょう! CrashdietとEuropeも楽しみですね♪


以下、Treat初期からの熱烈なファンゆえ、Treatの件になるとネジが緩むのをご了承下さいm(_ _)m

行くぜ!俺のTreat!!2日分のシャツ(笑)
IMG_1167.jpg

私のPC背景は去年からコレ。 因みにその前はギタリストAndersの写真だった(笑)
IMG_1113.jpg

Treatの時間だ~!!





昨年は多くの素晴らしい作品が登場し、私もそれらを満喫し満足の1年でした。
ショップの年間枚数ランキングを掲載しています。
ショップページはコチラ ⇒ http://www.anstemusic.com/ranking
メロハーでは無いTai Phongがダントツかと予想していたのですが、コンスタントに売れたSatinが逆転。 因みにTai Phongだけはやはりメロハーファンには馴染が薄いため、殆どが自サイト以外で売れました。
また、このランキングにこそ入っていませんが、Secretの発売後から91 Suiteがコンスタントに売れたのが印象的でした。


個人的な特にお気に入りアルバム…
No.1: ANGELS OR KINGS / Kings Of Nowhere

その他「ALIEN / Eternity」、「SATIN / Satin」、「NIVA / Incremental IV」、「THE RADIO SUN / Wrong Things Right」、「THREE LIONS / Three Lions」、「OVERLAND / Epic」などをはじめあまりに多いですね~^^; 聴き応え十分の「SARACEN / Redemption」は影のMVP的な感じです。

よく聴いた曲…







Kings & Dreams / 2000 Miles
Angels Or Kings / Any Other Girl
Ten / It's Alive
Three Lions / Two Hearts Beat As One
Adrenaline Rush / Want It All
Fire Tiger / Energy
Alien / Unbroken
パッと思いつきで書いてますので漏れはあるかと思いますが、こんなところです。 Gunner / Run & GoとTen / It's Aliveは特にリピートしまくりでした。

ライブは九州の端という地理上、川崎のY&TとイギリスのFirefestしか観てませんが、Rage Of Angelsはたまりませんでしたし、メニケッティにも痺れました♪ また、Gary HughesとVinny Burnsが一緒に飲んでるところに遭遇出来たのは本当に良い思い出。



今年もたくさんの優れた作品の発売を期待したいですね^^
そういえば、今後発売が予定(海外)されるアルバムを何枚かフルで聴かせてもらったのですが、メロハーファンが飛びつきそうなものもありますョ(^^)


昨日より妹家族(計4名)が我が家に帰省しており、とても賑やかになりました。 いよいよ今年も終わりだなと実感します。

ここ数日私は黒田カープ復帰のニュースがあまりにも衝撃で嬉し涙を流し、また、来年の黒田復帰登板を妄想してはまた涙。
カープを愛する人達は皆同じ状況だと思います。 毎年黒田復帰を待ち望みつつも、まだまだメジャーで活躍してほしいという気持ちもありましたし、何せ日本の何倍も稼げる現役バリバリのメジャーリーガー黒田が来季20億円以上ともいわれる年俸を蹴って4億円のカープへ戻って来てくれるのですから、我々ファンは信じられない気持ちもまだまだありますが、男黒田が帰ってきてくれることが嬉しすぎて涙を抑えることが出来ません。
おそらく来季の公式戦黒田復帰登板では大勢のファンが押し寄せると思いますし、多くのファンが感極まって涙を流すでしょう。 勿論私も涙が止まらないでしょう。 それほどにファンからの信頼の厚い男ですし、男の中の男黒田は愛されています。 勿論球団も彼が渡米してからずっと彼の背番号を空けて待っていました。
彼自身も相当な葛藤もあったでしょう。 しかしながら早くから自分に目を掛けてくれ指名し育ててくれたカープへの恩、熱烈に支持してくださるファンのために、まだバリバリ稼げるのに、カープファンにまたユニフォーム姿を見せたいと復帰を決意してくれた彼に感謝します。

おっと、私がカープを語ると毎日でも語れますが、長くなってしまうのでこの辺で^^;


さて今年も残り2日となってしまいましたね。
私の店はHPでもお伝えの通り、31日~4日をお休みとさせていただきますので、どうぞよろしくお願い致します。
年明けには川崎のEurope/Treat/Crashdiet公演に2連チャンで参加したいな~と思っています。 チケットこそ2日分ありますが、あくまでも参加したいな~です^^; 勿論私の目的はTreatなので、参加したとしても1日はTreat観たら帰るかもですが...。 昨年のFirefestが見納めと思っていたのに、またチャンスが巡ってきましたが、果たして観に行くことが出来ますやら。
初期から熱烈なファンゆえ、人員の都合が付かなければ店を休みにしてまでも観に行きたいとも思っていますが、本当に休みにしてしまったらゴメンナサイですm(_ _)m 行けなかったら悔やんで悔やんで泣くかもです(笑)


ブラジルのバンドSuperstitiousの最新作「Ride On The Stars」より。 メロハーファンにはかなり興味をそそられるバンドですよね~。




どうもダウンロード販売のみの模様。 因みにYouTubeにはバンド自身がフルアルバムでアップしてあります。
今後はこういった形が増えてくるんでしょうかね~CD欲しいですね。



今年是非行ってみたかったイギリスのHRHフェスですが、来年も行われます。 ラインナップがもうね、メロハー好きにはタマラナイです...
HRH2015.jpg

Night RangerやPoodlesなどは日本でも観る機会があるかと思いますが、Dare/FM/Rage Of Angels/White Widdow/Angels Or Kings/Night By Night/Houston/Daylight Robbery/Kingdragon/Shaft Of Steelなどなど、まず来日しないであろうバンドが多いですし参加できる方々が羨ましいですね。
チケットはすでに残り僅か。 行きたくて仕方ないですが、そんな余裕があるわけも無く、いつの日かの夢ということで(笑)
HRH オフィシャルサイト
また、このフェスもそうですが、海外では地方都市や割と田舎でもライヴが多いですね。 個人的にはそんなところもまた魅力的に感じます。


AnderStein 「NIGHT BY NIGHT / NxN」


AnderStein 「DAYLIGHT ROBBERY / Falling Back To Earth」
AnderStein 「DAYLIGHT ROBBERY / Cross Your Heart... And Hope To Die」

イギリス・ロンドンの期待の新星

AnderStein - Shaft Of Steel Debut EP - coming soon...

日本から観に行く方はいらっしゃるんでしょうかね? いらっしゃったら存分に楽しんで来てほしいです。


楽しみな新作が多いですね^^ てなわけでサラッと。

前作が見事だったUKメロディアスHRバンドDaylight Robberyの新作より。


From The Fire新作より。 アルバムもメロディアスな曲がズラリ。


White Widdow新作より。


Wicked Sensationトレーラー。


Ten新作より。 Tenサウンド満載の秀逸なアルバムですョ。


好評のLost UKシリーズ第7弾Zero Zero。


同じくLost UKシリーズ第8弾Tokyo。


その他にもいろいろと発売されるようですが、今日はこれにて。
楽しみに待ちましょう!!


2015年1月にEurope/Crashditeと共に来日するTreat。 1990年の来日の際、新宿厚生年金会館と五反田ゆうぽーとの2公演観て、昨年のイギリスのFirefestで見納めだと思っていましたが、またチャンスが巡って来ました。 とりあえずチケットはゲットしましたが、仕事の都合などで実際に行けるかは確定してません(汗)

昨年のFirefest(私撮影)。
20000104_054024-1.jpg

因みに私のニックネーム「あん」はTreatのAndersから来ており、元々は某SNSで「あんだーす」と名乗っていました^^; それほど彼のソングライティングやプレイが好きでして、勿論初期の頃から(現在も)Treatは私の中では3本の指に入るバンドです。

今日は1月のセットリストを私なりに予想してみたいと思います。
◎確実・○有力・△微妙・◇もしかしたら・×絶対無い

"Scratch And Bite"
01. Changes △メドレー形式で可能性あり
02. Scratch And Bite ×
03. Get You On The Run ◎89バージョンと混ぜた形式
04. Hidin' ×
05. Too Wild △メドレー形式
06. We Are One △メドレー形式
07. No Room Strangers ×
08. You Got Me △メドレー形式
09. Run With The Fire ×
10. On The Outside ×
11. Danger Games ×
"The Pleasure Principle"
01. Rev It Up △メドレー形式
02. Waiting Game × 個人的に熱望するのでAndersに直訴しようか(笑)
03. Love Stroke ◇
04. Eyes On Fire × 実はカバー曲だが好きなので聴きたい

05. Take My Hand ×
06. Fallen Angel ◇
07. Caught In The Line On Fire ◇
08. Strike Without A Warning △
09. Ride Me High △メドレー形式
10. Steal Your Heart Away ×
"Dreamhunter"
01. Soul Survivor △
02. You're The One I Want ◇
03. Take Me On Your Wings ◇
04. Best Of Me ◇
05. Dancing On The Edge ×
06. Outlaw ◇
07. World Of Promises ◎
08. One Way To Glory ×
09. Save Yourself ×
10. The Winner ×
11. Trash ×
"Organized Crime"
01. Ready For The Taking ○
02. Party All Over ○ これは正直いらんのだが...
03. Keep Your Hands To Yourself ×
04. Stay Away ×
05. Conspiracy ◎
06. Mr. Heartache ◇
07. Gimme One More Night ×
08. Get You On The Run ◎85バージョンと混ぜた演奏
09. Home Is Where Your Heart Is × 90年は感動した
10. Fatal Smile × 名曲なんだがね~
11. Hunger ×
"Treat" マッツ・レビン時代であり、まずあり得ない。
"Muscle In Motion" マッツ時代であり、そもそも正式発売されてないのであり得ない。
"Weapons Of Choice (新曲2曲未発表1曲を含むベスト盤)"
02. I Burn For You △

09. Go ×
18. Still In Heaven ×
"Coup De Grace"
01. Prelude: Coup De Grace インストなので最初あるかも
02. The War Is Over ○
03. All In ◇
04. Paper Tiger ◎

05. Roar ○
06. A Life To Die For ×
07. Tangled Up ◇
08. Skies Of Mongolia ○
09. Heaven Can Wait ×
10. I'm Not Runnin' ×
11. No Way Without You ×
12. We Own The Night ◎
13. All For Love ◇
14. Breathless ×
15. Turn The Dial ×

こんなところでしょうか。 これから彼らの曲を覚えようと思っている方の参考になれば幸いです。×をもし演奏したらゴメンナサイ^^;


昨夜帰還致しました。
Firefestの記事を書きたいですが、400~500枚写真を撮ったのですが、それらを少し整理した後に書きたいと思います。

昨夜帰宅してビールの蓋を開けた瞬間にあまりコメントしないGary HughesからFacebookにコメントが来てハッピーでした^^ 因みに来年来日の計画があるので、実現を願いたいです。
今Tenの新作をじっくり聴きながら書いていますが、如何にもTenといったサウンド・音楽性で2ndや5thに近い雰囲気で良いです!

Wild RoseのFacebookページにウチのリンクも貼られていました。
Wild Rose
アーティストからのリンクは本当に嬉しいです^^

また、Treatの来日が決まり嬉しいですが、カップリングというのが個人的には微妙...。 しかしメンバーと去年会った時は殆ど会話出来なかったので会いたいですね。

さて、今日からまた仕事頑張ります!


近年はCDは世界的に売れなくなってきていますが、日本はまだまだCD派が多く海外の業者からすると羨ましく思うのだそうです。
最近では限定枚数でも売れ残ることもありますし、海外のレーベルや販売店は苦しい状況に置かれています。その中で日本は一番の希望となっているかもしれません。 日本での販売を希望するレーベルやアーティストは多いです。

私のところに来る海外からのメールの中にもそういった業者からの声や相談もこれまで度々あり、中には「会社を売りたいと考えているのだが」といった深刻な内容もあります。 何とかしたい気持ちは山々ですが、数百万・数千万円の規模の場合もあり、どうすることも出来ません。 つい先日もある業者から話をを聞いていたのですが、対応にも辛いものがありますし、怖さ(あの会社でさえそこまで深刻なのかといった怖さ)さえ感じる程でした。
海外には本当に多くのレーベルやショップがありますが、CDを売るために懸命に頑張り奮闘してところも多いですし、続いていって欲しいですね。 という私も頑張らねば。


さて今日は一旦いつもの時間にサイトに商品をアップしたら、すぐWild Roseが到着。 さらに細々したものも到着し、そのあとにXtasyが到着。 もっと早い時間に来てくれたら助かるのに~と思いつつも、とりあえず私が居る間に到着して良かったとホッとしています。 Wild Roseは本来ならもっと早い入荷日を予定していたのですが、トラブルに見舞われてしまいました(汗)
まだまだ他にも到着予定はありますが、あとは私の留守中でしょうか。 留守中でも入荷したら即アップ予定です!


昨日Facebookを見ていたら「知り合いかも」に息子(25)の名がありビックリ(笑) 見てみるとやはり野球関連、カープ関連の投稿などがありました。 やはり親子ですね^^;

この仕事をしていると海外のバンドのよく知らないメンバーや小さなレーベルなどからメールが来ることが多いのですが、昨日はRonny Leeさんからメールをいただきました。 嬉しい事です。


さて、もうすぐ入荷予定のアルバムに楽しみなものが多いですが、個人的にはWild RoseとAngels Or Kingsを楽しみにしています。 Wild Roseはもう少し早く入荷する予定だったのですが、発売元でちょっとしたトラブルに見舞われましてもう少しお待ちを。



準備は万端なんですが... 0-wr.gif

Angels Or Kingsはあいにく新しいPVが無いのですが、適度な湿度と哀愁を持ったメロディアスハードで期待大。
こちらで3曲試聴可 → http://www.metalheaven.net/


来週行われるイギリスのFirefest、行くかどうか悩んだ末、航空券を買ってしまいました。 開催日前夜(23日)に行われるIn FaithとTenのリリースパーティに参加応募していたのですが、これを運良くゲットしたことが決め手となりました。
Angels Or Kingsも出るし、25日にはGary Hughesのアコースティックライヴもあるしでワクワクです^^

てなわけで来週半ばから28日まで不在となりますが、新譜入荷分はすぐ掲載出来るようスタンバイしており、私が不在中も入荷次第即アップ致します。 不在中も通常営業していますのでどうぞよろしくお願い致します。


500枚限定発売のLynn Allen 「Retro Maniacs 1982-1988」のプロモが公開されました。


10月24日発売予定(海外)のHOUSE OF X。 メンバーはDanny Peyronel(Vo)、Laurence Archer(G)、Clive Edwards(D)、Rocky Newton(B)というベテラン揃い。


今はNIGHT RANGERが来日公演中ですよね。 観に行きたくてたまりませんが、もしかして生涯観る機会が無いかもしれません(泣) 昔東京住まいの時はDAMN YANKEESとLONE RANGERの時代だったので、いちばん好きなブラッド・ギルスをまだ観てないんですが...^^;


ちょっと他に気を取られれば後回しになってしまいがちなブログ。 てなわけで気付けば何日も経ってしまってました^^;

最近は結構海外の色々なマイナーなレーベルからオファーが来るようになったのですが、多くのオファーを受けられるような規模の店ではないので、大変有難く思いつつもちょっと悲しいです。 さらに頑張らねばいけませんね。
また、試聴の為に色々なCDがチョコチョコと届きますが、明らかにへヴィ過ぎるものや微妙なものの割合が多いのは言うまでもありません^^;


Newmanの新しいCDは発売が若干の延期となりましたね。 今日、発送はまだかと問い合わせたら発売が22日に延期されたとの返事がありました。


さて、久しぶりに日本のバンドを聴いてみました^^
azrael1.jpg
ドイツや北欧のバンドを思わせるメロディックメタルでとても印象に残る曲もありグッド。 最近はなかなか日本のバンドを聴く機会が無いのですが、 良いバンドも沢山いますしもっと聴く機会を増やしたいものです。 色々なバンドを教えていただいてYouTubeなどでチェックしていても凄いと思わせるバンドもありますし^^


こちらは今後入荷を予定している1枚( 写真はサンプルでいただいていたCDです)。 音源としては古いですが、L.Aメタルファンなどは要チェックの全17曲入り。
IMG_0431.jpg 



話しは変わりますが、またしても海外で荷物が足止め喰らったり、遅れたりで商品の入荷が遅れています。 気長にお待ちいただければ幸いですm(_ _)m


SARACENのアルバムプレビューがやっと公開。 遅いよも~(笑)



実に味わい深い作品ですので、是非チェックしてください!
AnderStein SARACEN / Redemption

Sep14banner_big.gif


WHITE WIDDOW「Crossfire」とWICKED SENSATION「Adrenaline Rush」が11月末(海外)に発売されますがとても楽しみですね。
WICKED SENSATIONにはゲストでDavid ReeceやHarry Hess、Mathias Dieth、Eric Ragnoらが参加。

White Widdow - Caught In The Crossfire (デモ)



昨日のBRUNETTE、予想通りすぐ入荷しました。 ショップに掲載後、予想以上に勢いよく売れましたので慌てて再度発注しましたが、発売元の担当者も喜んでいらっしゃいました。 お買い上げいただいた皆様ありがとうございますm(_ _)m

Brunette1989-1990-1.jpg BrunetteRough1.jpg
左が「1989-1990 Demos」(全15曲入り)、右が「Rough Demos」(全14曲入り)。

1989-1990 Demosはかつて同タイトル(確か)で出回っていましたね。
この2種類のCD発売の計画は前々からあり、本来ならもう少し早く発売される予定だったのですが、色々と問題があり長引いたようです。 何はともあれ完成して良かったです^^

このような音源の発売はドシドシと出てきてほしいですね。 しかし最近はこのような音源のみならず、新作でもCD-Rでの発売が結構多いですね(Brunetteは高品質なCD-R pro仕様)。 私個人的には聴けるだけで有難いですが、盤に拘りを持つ方は残念でしょうね。


最近になって晴れの日が続き、雨続きだった8月には無かった蝉の鳴き声が増しています^^;
蝉とは無関係ですが、最近はスコットランドが独立するのかどうかが気になっています。 

スコットランドも良いバンドいますよね。





こちらはイギリスの優良安定銘柄NEWMANの新作。 いよいよ来月ですね。


あのDALTONの復活作ももうすぐ。


VEGAも楽しみですね。



最近スペインのSECRETが発売された影響で、91 SUITEの1stも地味ながら売れています。 このような形で再び注目されたり興味を持つ方が増えることをとても嬉しく思っています^^



先日のRADIOACTIVEの記事で書き忘れていましたが、来年4枚目のアルバムが出るようですね。 Jimi JamisonやFergie Frederiksen、Bobby Kimball、Robin Beckなどの名前も出ているようですし、とても楽しみです^^
また、英国のHRバンドSARACENの新作ももうじき発売されますね。

知らぬ間に発売されていたシカゴの女性VoハードロックバンドHESSLERの6曲入りEP。
hessler-gh1.jpg
今回もハード&ワイルド。 今日入荷しましたのでヨロシクです!
AnderStein - HESSLER / Ghost Dance

現在、HOUSTONのRelaunch II 聴いてますが、彼らの作品を聴くと妙に安心してしまうのは私だけでしょうか。 カバー曲多しといえど、北欧らしさと80年代らしさが気分を落ち着けるのでしょうね。 ずっと活動を続けてほしいバンドです。
AnderStein HOUSTON / Relaunch II

長崎は日曜日の朝から今日まで本当に久しぶりに晴れました。 7月から毎日必ずと言っていいほど雨が降っており、とうとう真夏を感じることが出来なかったのが残念ですが(夏大好き男です)、久々の晴れだったので迷わず子供と海と川で遊んできました。 来年夏は良い天気でありますように(笑)


先日Burrn誌が届き、今月の分厚さにビックリしましたが中身を見て(創刊30周年記念)納得。 個人的にはライターが選ぶ30枚が楽しめました。
これに触発され30枚選んでみようと考える方も割といらっしゃるようで、私も同様(笑) 洋楽自体は小学生の頃から聴いていましたが、本格的にハードロックにのめり込んだのが(Burrn誌の影響でではありませんでしたが)正に84年18歳の頃でしたので、ちょうど30年。

ざっと思い浮かんだものを並べますので漏れがあるかもわかりません。 また、選出は名盤かどうかはさておき、私が愛聴したものや思い入れの深いものを並べてみます。 (ABC順・84年発売以降に限定)

・AEROSMITH / Get A Grip (1993)
・AMAZE ME / Dream On (1997) YouTube - It's all over
・BLUE MURDER / Blue Murder (1989)
・BRYAN ADAMS / Reckless (1984)
・BONFIRE / Fireworks (1987)
・BON JOVI / Slippery When Wet (1986)
・CHEAP TRICK / Busted (1990) YouTube - Can't Stop Falling Into Love
元気で彼ららしい「Rockford」(2006)も見事だが、ポップな佳曲が揃うこのアルバムを。
・DANGER DANGER / Danger Danger (1989)
・DARE / Calm Before The Storm (1998)
どのアルバムにするか本当に迷いましたが、最も哀愁度の高いこの作品を。
・FAIR WARNING / Fair Warning (1992)
何だこれBONFIREみたいだな、が最初の印象でした(笑)
・GARY MOORE / Run For Cover (1985) YouTube - Once In A Lifetime
これも悩みましたが最も愛聴したコレを。私個人の殿堂入りアーティスト。
・GIUFFRIA / Silk & Steel (1986)
・GREAT WHITE / Shot In The Dark (1986) YouTube - Waiting For Love
・HELLOISE / Polarity (1986)
・HOUSE OF LORDS / Come To My Kingdom (2008) YouTube - Another Day from Heaven
初期のアルバムと近年のアルバムと迷ったが、メロディアスハードとして最も優れていると個人的に思うこの作品を。
・MIKAEL ERLANDSSON / The Gift (2002) YouTube - Stop
・MYLAND / No Man's Land (2008) YouTube - Anytime
・NIGHT RANGER / 7 Wishes (1985)
・PRIDE OF LIONS / The Roaring Of Dreams (2007)
・RATT / Invasion Of Your Privacy (1985)
・REO SPEEDWAGON / Wheels Are Turnin' (1984) YouTube - One Lonely Night
・SHY / Shy (2011)
・SINNER / Touch Of Sin (1985) YouTube - Shout!
・STAN BUSH / In This Life (2007)
・SURVIVOR / Vital Signs (1984)
・TEN / Ten (1996)
・TNT / Tell No Tales (1987)
・TOTO / Isolation (1984)
・TREAT / Organized Crime (1989)
TreatはコレとCoup De Grace、Pleasure Principleでちょっと迷いましたが、全バンド・アルバムの中でおそらく私が最も聴いたであろうこの作品をチョイス。 勿論、輸入盤・日本盤・LPともに所持していますが、輸入盤CDは聴き込み過ぎてブックレットはちぎれてますしシワシワのボロボロです(笑)
IMG_0407.jpg
・VAN HALEN / 5150 (1986)
・VOW WOW / V (1987) YouTube - Somewhere In The Night
・VINNIE VINCENT INVASION / Vinnie Vincent Invasion (1986)
・WHITE LION / Pride (1987)
・WHITESNAKE / Whitesnake (1987)
・YNGWIE J. MALMSTEEN / Trilogy (1986) YouTube - Fire

ざっと書いてみましたがすでに30枚を超えているようです^^; まだまだFATEやDA VINCIやEUROPEやROBBY VALENTINEやY&Tや...と沢山ありますが、キリが無いのでここらで考えるのを止めます(笑)
しかし、やはりどうしても80年代が多くなってしまいますね。 近年のアルバムも本当に素晴らしいものが多いですが、思い入れはやっぱり若い頃聴いたやつには敵いません。

因みに84年に最も好きだった曲はこれだったかもしれません。 後半のサックスがたまりません。



NEW ENGLANDのシンガーJohn Fannonの来日が発表されたようですね。
11月8・9(土日)に西新宿の関交協ハーモニックホールにてAlan Merrill(私はこの人についてはよく知りません・汗)とのダブルヘッドライナーだそうです。

私は昨日知人からその情報を教えていただきましたが、NEW ENGLANDのファンにはたまらないのではないでしょうか。
おそらくはアコースティックライヴの形になるのではないかと予想しますが、話しによるとNEW ENGLANDの曲もかなりやるみたいです。

昨年ソロアルバム「Saved All The Pieces」を発売しており、一般には殆ど出回っていませんが、当店に少々まだ在庫がありますので、ファンの方はお早目にゲットしてください!
AnderStein JOHN FANNON / Saved All The Pieces
20130718_df3512.jpg





私もライヴ行けるものなら行きたいのですがね~^^;


今日は朝からショックなニュースが目に飛び込んできてただただ残念でなりません...。
Jimi Jamisonの訃報、まだ信じられないし、今でも誤報であってほしいと願わずにいられません。

私も激愛聴盤だったSurvivorのVital Signsをはじめ彼の歌声が大好きで、これからも大きな活躍を期待していましたし、本当に残念です、、。

ONE MAN'S TRASH / Long Time (2011)


Kimball Jamison / Can't Wait For Love (2011)


SURVIVOR / The Search Is Over (1985)


Jimi Jamison - Jeff Scott Soto / Burning Heart (Live-2008)


彼の存在は私には無くてはならないものですし、今後も彼の歌声はずっと聴き続けていきます。


TENの待望の新作の発売が発表されましたね。 もうちょっと早く出してくれるかなと思っていたんですが、とりあえず発表されてホッとしました。 今回のジャケは良いですね。 期待が高まります。
tenalbion20140901.jpg


では、今後の楽しみな作品をいくつか。













その他にもまだこの場では言えないものもチラホラあるのですが、楽しみが多いのは嬉しい事です♪


先日あるCD(CD-R)を入荷し、若干擦り傷があったので本日チェックしたところ、CDプレイヤー1台目で読み込まず、2台目も読み込まず、PCに入れてみると空CDと表示。 在庫全品チェックしたところ、音が入っていたのが1枚だけという悲しい結果に(泣)
勿論返金を要求しましたが、しかっりしてくれよと思った次第です。 てなわけでその1枚は私の物として売るのは断念します。 本当にガッカリな出来事でした^^;
今後はCD-Rでの販売も増えてくるものと予想していますが、このようなことは勘弁してほしいものですね~。

さて、本日入荷のコチラ、なかなかグッドです♪

AnderStein RICK ROCKER / Spend The Night
まだ若そうですし、これからも楽しみですね^^ 


Night RangerのギタリストJoel HoekstraがWhitesnakeに加入しNight Rangerは脱退。 マジですか! 実は昨夜Night Rangerの最近のライヴ映像を見まくっていたんですが、このニュースにビックリです。
http://nightranger.com/news/222643
とてもNight Rangerに馴染んでいたしマッチしていて好きだったんですがね~。
昔はWhitesnakeにも熱心だったのですが、最近の動向は全く知りませんでした。 メンバーチェンジの度に熱心度合いが薄れていったのが実情ですが、Joelの活躍を期待したいと思います。

Frontiers Rock Festival 2014



さて今日も長崎は雨。 今年は真夏を体感できるのでしょうか^^;


先日貼り忘れてました^^; 女性VoでカッコいいハードロックAdrenaline Rush。


Grand Design待望の新作「Thrill Of The Night」は来月末発売。


220 Voltも楽しみ♪




10月に行われるイギリスのFirefestの2日目と3日目は完売したようですね。
ff2014-1.jpg

実はチケット(3日間分)が私の手元に数組残ってます、、。
もし誰か欲しい方がいらっしゃいましたらご遠慮なくご連絡ください(^^)!
IMG_0391.jpg


真夏で暑さが続く地域も多いと思いますが、こちらは最近では一昨日の昼間に青空が見られた程度で、ひたすら悪天候で今日も雨が降り続いております、、。 はい、真夏という感じが全くがなく、こんなことは初めてです。
そんなわけで体は重いわテンションは上がらないわで、大好きな夏が今年は味わえなさそうな雲行き。 何とか気分を上げていきたいところです。


さて、古いバンドも多いですが、チラチラッと紹介。

アメリカのバンドKidd Skruff。


80年代に活動していたアメリカのバンドRocknee。 2010年ライブの模様。


先日1曲紹介しましたDanger。


Platens新作より。


Flash Addict。 80年代の匂い。


米東海岸のHRバンドSly Boots。



先日、あるバンドのCDを仕入れたら、バンドメンバーからメールが届き、「ハーイ、Shigeサン(さん付け)!ワタシハ日本語ハナセマセーン。ダケドアナタニイイタイデスー。Arigato。」。
時折日本語でメールしてくれる人もいますが、こんな人は応援したくなります^^


新作あれこれ待ち遠しい

SONIC STATION - Amelia


PERFECT VIEWの新作プロモ


RIK PRIEM'S PRIME


Robert HartとFMのギタリストJim Kirkpatrickの新バンド


SEVEN


他にも女性シンガーを擁するSOUND OF ETERNITYなど楽しみですね^^

当店で現在品切れ中のPeoさんのプロジェクトKINGS & DREAMSは手配済ですので再入荷をお見逃しなく。

話しは変わりますが、久しぶりに当店の売上ランキングを調べてみました。
2014度1月1日~現在 ベスト3
1位 SUNSTRIKE / Rock Your World 
2位 GUNNER / Keep Fighting
3位 OVERLAND / Epic
次点 JOHNNY LIMA / My Revolution
なんとウチの店らしいランキング(笑) 因みに5位以降はLost UKシリーズや、TAI PHONG、FREE SPIRIT、ALIEN、STAN BUSHなどなど。 また、昨年から年を跨いでいる為ランクには入りませんでしたが、STRANGERS、DAVID A SAYLOR(Kiss Of Judas)、BST、SHEA ROXIといったところも人気でした。 現在のところ今年はSUNSTRIKEがダントツなのですが、今後これを超えるアルバムの登場を願っています^^


David A Saylor


ノルウェー(?)の謎のミュージシャンSatin。





他にもいろいろと発売予定情報は入ってきてますが、まだ言えないものも多いです。

先日ALAIN CONCEPCIONを紹介しましたが、予想以上の反応で即日完売しました。 ご購入いただいた方々ありがとうございましたm(_ _)m また、お問い合わせも多いですが、再手配済みですので再入荷をお見逃しなく。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

あん

Author:あん
1966年3月長崎市稲佐生まれ西彼杵郡琴海町(現長崎市)育ち

・小学5年から洋楽にハマり、その後Gary Mooreにしびれメタルにハマる
・福岡市・埼玉県大宮市・東京都江戸川区居住歴あり
・長年の広島東洋カープファン
・O型
・出没地…長崎市北西部/西彼杵郡時津町/青森県八戸市/都内各所