JK Northrup & David Cagle

JK.jpg

先日発売されたJK Northrup & David Cagleの「That's Gonna Leave A Mark」、実は私も愛聴度のとても高いアルバム。アメリカらしい「陽」の雰囲気に包まれ、ストレートな「カッコいい」ロックと時折キュンとなる甘いメロディがたっぷり入っており、ロックはこうなくっちゃ!と思わせる純粋に音楽を楽しめる一枚だし、特にリアルタイムで80年代のアメリカンロックを聴いてきた世代には一発で気に入ってしまいそうな一枚かと思います。 また、ボーナス曲も素敵な曲なので、よくぞこの曲を提供してくれました!と感謝。
個人的には特に運転中に流していることが多く、ドライヴにピッタリ♪ かつてNight RangerやCheap Trick、Bryan Adams、Danger Danger、Van Halenなどを流しながらドライブしていた頃を思い出させます。曲が良いので聴き飽きることもありませんよ~。

JK(女子高生じゃないよ)も日本リリースをとても喜んでくれてますが、海外発売元であるメロコムのアンドリュー氏とは数年前からこちらのスケジュール等の都合もあり幾つもの日本リリースが流れており、ここに漸く第一弾がリリース出来たことを嬉しく思います。音を聴く前、正直リリースは難しいかなと考えていたのですが音を聴いて「あら、これ良いじゃないか」と思い、お互いのスケジュール調整⇒今春リリースに至りました。

YouTubeにはキャッチーな曲は何故かアップされていませんが、キャッチーで素敵なメロディも満載でストレートなロックチューンもカッコいいこのアルバムをお見逃し無く。


JK-web.jpg

In-Side

In-Side Out-Side

イタリアから登場したIN-SIDE。80年代のサウンドを甦らせるべく結成されたというだけあり、80年代のAORやプログレハード、メロディアスハードサウンドを実践。派手さは無いものの、その手のファンに十分に受け入れられるクオリティかと思います。

IN-SIDE - Out-Side
1. The Gate(インスト) 2. The Signs Of Time 3. The Running Man 4. Block 4 (Russian Woodpecker) 5. I'm Not A Machine 6. Break Down 7. Lie To Me





収録曲が少ないのがやや物足りないと思っていたところ、3曲追加して日本バージョンを作りたいという提案がバンド側からあったのですが、え~今更かい?リスキーだぞ~ってなわけで棚上げm(_ _)m アナログ盤を作る計画もあるようですが、早く次作に取り掛かってほしいところです~。

AnderStein商品ページ ⇒ IN-SIDE / Out-Side

Star Chase - Afterlife

StarChase.jpg

実は今年おそらく2番目によく聴いているアルバム。何にそんなに惹かれるかというと、やはりそのメロディ。アルバムの頭から最後までメロディアスな曲ばかりであり、美しいコーラスハーモニーが楽曲をより盛り上げている。70年代後期から80年代の古き良き懐かしい雰囲気もたっぷりだし、クイーンを思わせる部分もあったりして大変美味。
曲の殆どはギターのStephen MartretとシンガーのJason Oldのどちらかによるもので、彼らの感性に感心するばかり。
昨年The Radio Sunに会った人達は皆そうだと思うが、Jason Oldという男、男女問わず彼と接すると必ずや惚れてしまうのではと思うほどの素敵な人柄であり、ライヴではとてもよく声が出ており、CDや映像で聴くよりも遥かに上手いと感じさせる見事な歌声を披露。よりビッグになれる逸材だと思っているし、そうなってほしいと願っている。実は私も彼に惚れた(変な意味じゃないよ・笑)。

YouTubeにアップされている曲以外でも素敵な曲がたっぷりなので、是非聴いてみてくださいね。




CDはこちらで販売中⇒ http://www.anstemusic.com/product/5130

ZANETA / Tales From The Sun

IMG.jpg


入荷予定配信後多数のお問い合わせをいただきましたイタリアの注目のバンドZaneta。

Simone Roman (Vo, G, B)

Fabrizio “Bicio” Leo (G)

Steff Brusa (Key / EVA)

Danilo Marinotti (D)

 熱心なメロハーファンであればEVAでその魅力を発揮していたSteff Brusaはご存じかと思いますが、他も実力派メンバーが揃っており、曲・演奏とも二重丸。ギタリストのFabrizio “Bicio” Leoは元々フュージョン系ギタリストとして高い評価を受けており、アルバムもいくつかリリースしているようです。個人的にSteffはずっと気になっていた存在だけにとても嬉しいです。




1. Maryann

2. Coming Back
3. Feel You Now

4. Stay
5. I Won't Cry
6. Not This Time
7. All My Life
8. Saturday
9. Dream Of Love
10. Tell Me Why

曲はシンガーのSimoneが中心となり作られたようです。キャッチーな曲からゆったりと浸ることの出来るバラードまで秀逸なメロディ。 楽しさと癒しを与えてくれる素晴らしい1枚。

こんなバンドが出てくるとホント嬉しいですね。

AnderStein ZANETA / Tales From The Sun

STALA & SO. / Same

Stala_artwork.jpg

今月後半発売されるフィンランドのメロディアスハード/R&Rバンド2015年3rdアルバム。

メンバー… Sampsa Stala(Vo), Nick Gore(B), Sami J.(G), Pate Vaughn(G), Rudy Fabritius(D)

これまでの作品も好評でしたが、本作も大変充実した楽曲が並んでおり、聴き逃せない作品です。
このバンドは見た目がグラムやパンク寄りですし、一般にグラムバンドとの紹介が多いので、メロハーファンは敬遠しがちになるかもしれませんが、Miss BehaviourやThe Poodlesといったバンドが好きならば間違いなく気に入っていただけるバンドだと思います。 メロハーファンに受け入れられるというのも、イギリスのメロハーレーベルEscape Musicからのリリースであることからも分かると思います。

曲も明るいメロディックロックソングやバラード、勢いあるロックナンバー、哀愁を帯びたメロディックロックナンバーと、その殆どがキャッチーで分かりやすいメロディでどの曲もグッド。 メロディアスHRファン/ハードポップファンに聴き逃してほしくないバンドのひとつです。


本作からはまだこの曲しか公開されていないようですが、良い曲たっぷりですよ^^

今月21日発売ですのでお見逃し無く!当店でも発売日には確実に販売します。 ヨロシクです!!
stala-1.jpg stala-2.jpg

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

あん

Author:あん
1966年3月長崎市稲佐生まれ琴海町(現長崎市)育ち

・小学5年から洋楽にハマり、その後Gary MooreにしびれHR/HMにハマる
・福岡市・大宮市(埼玉)・江戸川区(東京)居住歴あり
・長年のカープファン
・O型
・出没地…長崎市/時津町/青森県八戸市/都内各所

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
訪問者