終了翌日


ホテルの部屋は去年と同じダブルルームで1人広々で快適でした。
IMG_0476-1.jpg
この日は朝食後朝9時半にまずメタルCDショップへ行き(9:30オープン)、その後お土産を買いに街中を1人ウロウロ。
IMG_1022-1.jpg IMG_1026-1.jpg 
洋服などを見るとカッコイイのが沢山あって欲しくなりましたが我慢(笑)

午後ノッティンガム駅からバーミンガムへ向かい、バーミンガム→アムステルダム→仁川→福岡と一人寂しく乗り継ぎまして福岡から高速を飛ばし帰宅。 車の中では勿論Firefest出演バンドの曲を爆音です(笑)

ノッティンガム駅
IMG_0474-1.jpg IMG_1031-1.jpg
バーミンガム
IMG_0471-1.jpg IMG_0473-1.jpg

2日目の昼寝は痛かったですが、渡英後は頭痛と喉の痛みなどで薬を飲みながらだったし仕方ないと割り切ってます。 その他にも新しい出会いもありましたし、本当にハッピーな1週間でした。
リリースパーティではTenの新譜を購入し、メンバーにサインしてもらいましたし、会場ではFrom The Fireの新譜を発売より先にゲット。 シャツはRage Of Angelsとお土産にFirefestシャツをドサッと買いました。
IMG_0512-1.jpg IMG_0541-1.jpg
IMG_0602-1.jpg IMG_0622-1.jpg
IMG_0847-1.jpg IMG_0682-1.jpg
IMG_0792-1.jpg

因みにVinny Burnsはステージではちょっとお堅い雰囲気ですが、普段はメチャメチャお茶目なオッサンでしたョ^^
10648981_607005896093855_5051405379236041267_o-1.jpg

Firefest 3日目 (2)


昼食を済ませ会場に戻るとBrother Firetribeは終わってConey Hatchの途中でした。
IMG_0962-1.jpg
ちょっと見にくい位置でしたが、想像していたよりも若々く感じられました。


合間の会場はこんな感じ。
IMG_0969-1.jpg IMG_0970-1.jpg

続いて登場はAutograph。
IMG_0975-1.jpg IMG_0981-1.jpg

Autographはジックリ観る予定だったのですが、ここで睡魔に襲われまして3分の2程度観たところで一旦外へ。

前日にEscape Musicのドン、Barrie Kirtley氏とちょっと顔を合わせたのですが(この時は日本の某バンドのK氏夫妻も一緒でした)、私の発音が悪かったせいかいまいちピンと来ていなかったようなBarrieさんとここで再びバッタリ。 今度はちゃんと通じまして、私と分かり「Oh!!」と近くにいた息子さん(二十歳のイケメンですョ)を呼び寄せ私を紹介したあと自身のカメラを渡しパシャリ。 ついでに私もスマホを渡しパシャリと撮っていただきました。
IMG_0988-1.jpg
まさかBarrieさんが来ていらっしゃるとは思っていなかったですし、とても嬉しく思いました。

会場に戻るとトリのDanger Danger登場。
IMG_0989-1.jpg IMG_0997-1.jpg
初期の曲をたっぷりと演奏してくれて終始盛り上がったショーでした。 けど、Under The Gunが無かったのは残念^^; テッドは数回客の中を歩き回りながら歌い大盛況。 アンコールラストはJourneyの「Don't Stop Believin'」。 Tommy Denaderに続きFirefestスタッフも次々にステージに上がり 大合唱。 その後スタッフの挨拶などあり涙するスタッフも多く感動を誘いました。
IMG_1010-1.jpg IMG_1012-1.jpg
IMG_1013-1.jpg IMG_1015-1.jpg

こうして会場を後へ。
IMG_1016-1.jpg

Firefest 3日目 (1)


この日は最初に登場するAxxis目当てに朝から並びました。
IMG_0877-1.jpg IMG_0849-1.jpg
今回は毎日トラム(路面電車)を利用。 ホテル目の前の電停から2区間なので乗るとすぐに到着です。

Axxis登場。
IMG_0881-1.jpg
シンガーのBernhardは声も良く出るし、驚いたのはその動き。 ステージ上を動き回り踊りまくるのは意外でした(笑) ベースのRobもやんちゃそうな表情と動きで盛り上げてくれました。
IMG_0883-2.jpg IMG_0891-1.jpg

流石大ベテラン、客を乗せるのも上手いし、もっと長い時間観ていたいバンドでした。
IMG_0897-1.jpg

次に登場はCITA/Guild Of Ages。
IMG_0901-1.jpg
Axxisの後だったせいもあるかもしれませんが、序盤はゆったりした感じで正直少々盛り上がりに欠けましたが、次第にテンションも上がり良いライブを披露。
IMG_0906-1.jpg IMG_0915-1.jpg

因みにメンバーは以前と変動ないようでした。
IMG_0913-1.jpg

続いてはTower Cityの代わりに登場のTouch。
IMG_0920-1.jpg
メンバーはMark Mangold(Key&Vo)、Goran Edman(Vo)、Pontus Engborg(D)、Ken Sandin(B)、Tommy Denander(G)。
IMG_0923-1.jpg IMG_0935-1.jpg

演奏には賛否ありましたし、いまひとつ噛みあっていない感は否めませんが、曲自体が素晴らしいですしとても温かみを感じるショーでした。
IMG_0944-1.jpg

この後Brother Firetribe・Coney Hatchと続くのですが、まだまだ長いのでここで日本人計4名で食事をしに外出。 最初は近くのホテル内のレストランへと向かったのですが、高い!ですがここでまたしてもVinny Burnsと遭遇。
IMG_0953-1.jpg
Three LionsのシンガーNigel Baileyも一緒でした。
レストランが高いので出てホテルロビーに行くと今度はSteve Newmanと遭遇。
IMG_0955-1.jpg
結局は普通(とはいえ相当広い)のレストランで。 ビールグラスがデカい。
IMG_0958-1.jpg

Firefest 2日目


2日目のトップはRage Of Angelsで見事なライヴを披露。 → http://ansteblog.com/blog-entry-322.html(追記あり)

続いては復活したFrom The Fire。
IMG_0836-1.jpg

名曲「Hold On」で幕を開けたショーは他のバンド以上にメロディが印象に残る温かいものでした。 リードVo兼KeyのJ.D.Kellyの熱唱が印象に残ります。 大物AORミュージシャンのライヴを観ているような感覚でした。 後半にはIssa(去年も何かに出たけどFirefest恒例?)が1曲参加。

IMG_0830-1.jpg IMG_0839-1.jpg
IMG_1057.jpg

因みに新作もメロディアスな曲がズラッと並んでいますよ^^


この後、Boulevard、Babylon A.D.、Pretty Maids、Black 'n Blue、Firehouseと続くのですが、私は大失態をやらかします(> <)
夜にはGary Hughesのアコースティックライヴもあるので、From The Fire終了後、一旦休憩しようと思い、ちょっと疲れもあったのでホテルに戻りました。 喉も乾いていたので瓶ビールを数本買い(←これが失敗の元)部屋で一息。 ちょっと横になり、ハッと気が付くと外が暗い。 今何時だ!?と思い時計を見ると21時(マジで滝汗)。 慌ててホテルを出るもルームカードを部屋に忘れたことに気付き戻りカード再発行してもらい急いで会場へ。 会場に着いたのは21:20でFirehouseの中盤でした^^; 4つのバンドを見逃してしまうことになってしまいましたとさ。

IMG_0855-1.jpg

Firehouseとても盛り上がっていました。 途中参加の為、一番観たかったAll She Wroteを逃したのが悔やまれます。




Firehouse終了後別会場にてGary Hughesアコースティックライヴ。 このチケットを持ってるのは僅かですが、見た感じ100~150名くらいだったでしょうか。
IMG_0858-1.jpg
IMG_0863-1.jpg
IMG_0868-1.jpg
前から4~5列目で観ることが出来ました。 TenからはKeyとJohnが参加。 Tenと違いメロディとGaryの歌声をじっくりと味わえる夢のような時間でした。 Tenの曲はプレイせず、Once And Future KingやPrecious Onesなどからの選曲で、あの声でじっくりと歌うのですから特に女性ファンはメロメロだったかもしれません。 本当に貴重なライヴを観ることが出来ハッピーです。


Firefest 1日目(3)


初日Poodlesの次はTen。
IMG_0719-1.jpg 
トリプルギターになりましたが、3人も必要かは?ですが、息の合ったプレイを披露してくれました。 また、新作から3曲プレイ。
Set list … 1. Fear The Force 2. Spellbound 3. The Robe 4. Apparition 5. Battlefield 6. The Light Go Down 7. It's Alive 8. Valentine 9. After The Love Has Gone 10. Alone In The Dark Tonight 11. Red 12. The Name Of The Rose

The Name Of The Roseのギターソロではヴィニー・バーンズのソロに忠実にプレイし、やはりこの曲のギターはこうでなくっちゃと思った次第。 Tenは新作の出来も良いし、今後も期待大です。
IMG_0726-1.jpg IMG_0703-1.jpg
IMG_0772-1.jpg IMG_0776-1.jpg

ここまでずっと最前列に陣取っていましたが、さすがに疲れたので一旦休憩しトリのH.E.A.T.は後方から観戦。
IMG_0804-1.jpg
まるで猿のように動き回り聴衆を煽り盛り上げるシンガーErik。 当然場内は熱狂に包まれこの日一番の盛り上がりだったのではないでしょうか。 また、SurvivorのRebel Sonをプレイしてくれたのは嬉しかったです^^


この日はこれにて終了。 ホテルでビール飲んで即バタンでした。
IMG_0805-1.jpg
変な味の寿司だが、ビールはどれも美味^^

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

あん

Author:あん
1966年3月長崎市稲佐生まれ琴海町(現長崎市)育ち

・小学5年から洋楽にハマり、その後Gary MooreにしびれHR/HMにハマる
・福岡市・大宮市(埼玉)・江戸川区(東京)居住歴あり
・長年のカープファン
・O型
・出没地…長崎市/時津町/青森県八戸市/都内各所

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
訪問者