Category : V,W,X,Y,Z
IMG.jpg


入荷予定配信後多数のお問い合わせをいただきましたイタリアの注目のバンドZaneta。

Simone Roman (Vo, G, B)

Fabrizio “Bicio” Leo (G)

Steff Brusa (Key / EVA)

Danilo Marinotti (D)

 熱心なメロハーファンであればEVAでその魅力を発揮していたSteff Brusaはご存じかと思いますが、他も実力派メンバーが揃っており、曲・演奏とも二重丸。ギタリストのFabrizio “Bicio” Leoは元々フュージョン系ギタリストとして高い評価を受けており、アルバムもいくつかリリースしているようです。個人的にSteffはずっと気になっていた存在だけにとても嬉しいです。




1. Maryann

2. Coming Back
3. Feel You Now

4. Stay
5. I Won't Cry
6. Not This Time
7. All My Life
8. Saturday
9. Dream Of Love
10. Tell Me Why

曲はシンガーのSimoneが中心となり作られたようです。キャッチーな曲からゆったりと浸ることの出来るバラードまで秀逸なメロディ。 楽しさと癒しを与えてくれる素晴らしい1枚。

こんなバンドが出てくるとホント嬉しいですね。

AnderStein ZANETA / Tales From The Sun


最近1台のCDプレイヤーがやや不調だったのですが、今日は物凄いノイズと共に停止してしまったりと、いよいよ寿命のようです(> <) というわけで昼間は他のプレイヤーで聴いていたのですが、夜になりPCで聴こうとしたところ、Windows Media Prayerが起動しないトラブルに遭い、ダメダメな日でした^^;

wildrose-hit.jpg

ギリシャ産ハードロックバンドの最新作。
本作も英国バーミンガム在住のDavid a Saylorがリードシンガーとして参加しており、メロディアスな楽曲をより引き立てています。 プロデュースはギタリストのAndy Rock。

メンバー… Andy Rock(G), Dirty Haris(Key), Phil Gun(B), Tiny Karpo(G), Dimos Thomaidis(D), David A Saylor(Vo)

収録曲…
01. Through The Night

02. I'll Be There
03. Stay

04. Without Your Love
05. Another Day
06. Can't Wait On Love
07. Give In To Me
08. Together
09. Don't Walk Away
10. All For Love
11. I Want Your Love


個人的にDavidの歌い回しがALIENのJim Jidhedなどと同様に演歌歌手に通じるところがありとても気に入っていまして、この味わい深い歌声とメロディアスでキーボード度高めのWild Roseのサウンドですから、たまらないわけです(笑)
キーボード度が高くメロディアスな曲が並ぶ、と言えば、我々メロハーファンの大好物ですよね^^ このバンドにはずっとこの路線で続いていって欲しいと思います。

AnderStein商品ページはこちら → WILD ROSE / Hit 'N' Run


vowwow-v.jpg vowwow-v-b.jpg

皆さんよく御存知の87年のアルバム。 圧倒的な存在感を放つサウンドは現在もなお

我々を魅了して止みません。

♪The Girl In Red


♪Somewhere In The Night


♪Don't Leave Me Now


存在感抜群の人見元気氏の声、楽曲をドラマティックに盛り上げる山本恭司氏のギターと

厚見玲衣氏のキーボード。 個人的にはこのサウンドは世界でも最高峰に位置すると思って

います。 当時イギリスでも活躍されていましたね。

私はこのアルバムを聴く機会がいちばん多かったので挙げてみましたが、他の優れた

アルバムや名曲も今も色褪せることはありませんよね。

メロハーファンでも未聴の方には是非聴いていただきたいバンドです。

因みに私の店では買えませんよ(^^;

xt.png xt-b.jpg

スウェーデン産メロディアスハード/ハードポップバンド92年1stアルバム。

バンドと言うよりもBjorn Stigsson(G, Key)とSonny Larsson(Vo)の2人によるプロジェクト

ですが、北欧的な哀愁を感じさせるハードポップで、その手を好きな方は手離せないバンドの

ひとつではないでしょうか。

♪All Your Love


♪Looking For Love


♪The Rock In My Life


正直若干イモ臭い部分はありますがそれもまた良し。 キーボードで彩られ哀愁を帯びた

ハードポップは正に北欧を感じさせます。 その手をお好きなら避けて通れないバンドです。

中古ですとおそらく安価で入手出来ますので未聴の方は是非。

WF-stick.jpg WF-stick-.jpg

シンガー兼リードGのJens Walkenhorstを中心としたドイツのメロディアスHRバンド

2003年3rdアルバム。 キャッチーですぐに耳に溶け込むメロディとチョットだけワイルド

と言いますか荒さが魅力のバンドですが、特にこのアルバムは強力な楽曲も多く、

彼ら自身もこのアルバムに誇りを持っているようです。 シンガーがマイク・トランプに

似た部分があり賛否あるところですが、この音楽にマッチしていると思います。 因みに

その後は歌もかなり向上し、雰囲気はマイク・トランプxスティーヴ・リー(誉め過ぎか)。

音楽的にはBONFIREやGOTTHARD辺りを好きな方は要チェック。

♪I Can Hear You


♪There For You


♪Wild Wind Blows (2013Live)


このバンドは不思議と応援したくなるような雰囲気を持っています(何故か分かりませんが)。

この後も好作を連発していますので未聴の方には是非チェックしていただきたいと思います。

最新作は大変良い出来ですが、ワイルド感が低下したので「Mild Frontier」の称号が

あるとかないとか(笑) また、昨年ベスト盤も発売されています。

AnderStein WILD FRONTIER / Stick Your Neck Out

AnderStein WILD FRONTIER / 1994 - 2012

とにかく楽曲が良いので今後会心の1作を期待したいですね☆

因みにバンド名はGare Mooreのあのタイトルから来たものです。 また、彼らはWILD NIGHT

というカヴァーバンドとしても精力的にライヴを行っています。

20130827_112108.jpg 20130827_112128.jpg

美人女性シンガーDebbie Davisを擁するアメリカのHRバンド88年のアルバム。

当時このアルバムを買うキッカケはBrad GillisやNeal Schonが参加していたことでしたが、

聴きまくったのは曲のカッコ良さも勿論ですが、Debbieさんのルックスに惚れてしまった

のが一番の要因であります(笑) 当時私は22歳(たぶん)でしたが「憧れのお姉さん」的な

ルックスと、ちょっと擦れて気合の入った歌声に即魅了されたものです。

20130827_112140.jpg Debbieお姉たま♪

♪Show Me What You Got


♪Desperate Lover


♪When It Comes From The Heart


ハードでありつつもメロディアスで聴きどころも多い大変充実した作品です。

この作品は長くCDでの発売を期待していましたが、発売されたときは本当に

嬉しかったですね。 因みに私はボートラ6曲追加の全16曲入りを個人的に所持して

いるのですが、10曲入りのほうが多く流通しているようです(ウチの在庫品もそう)。

AnderStein WITNESS / Witness

woa.jpg woa-b.jpg

スウェーデンのメロディアスハード/AORバンド2008年1stアルバム。

メンバー … Lars Safsund(Vo), Robert Sall(G), Herman Furin(D)

メロディアスHRファンの方にとっては概に優良安定銘柄かもしれませんね(^^)

TOTOの影響を大きく感じさせ、楽曲も演奏も素晴らしく清涼感のあるVo、美しいコーラス、

と、大変クオリティの高いこのアルバムに出会った時は本当に感動したものです。

♪Why Do I?


♪Too Late


♪Whenever U Sleep


とても感動的なアルバムですよね。 2ndアルバムも勿論良い出来なのですが、私は

こちらを好んで聴くことのほうが多いです。 HR/HM/AORファンのみならず一般の方にも

浸透してほしいバンドは沢山ありますが、このバンドもそのひとつですね。

AnderStein WORK OF ART / Artwork

valerie.jpg valerie-2.jpg

ノルウェーのメロディアスHRバンド2012年1stアルバム。 昨年見たレヴューでは

メンバーは17-19歳だそう。 そんな若い彼らが80年代ど真ん中のHRをやってるのにも

好感が持てますが、中身もキャッチーでありながらしっかりとフックのある楽曲が

多数収録された充実した作品になっています。

♪Vixen


♪Heat Of The Night


♪Love Is Not Enough


この手の音楽を聴くと嬉しくなってしまうのは私だけではないでしょう(^^)

彼らのHPではDOKKEN・RATT・EUROPEなどの名が出ていますが、影響を受けたのでしょうね。

彼らのHPはコチラ

あまり出回っていないようなので早めのゲットを!

AnderStein VALERIE / Valerie

rubicon.jpg rubicon-2.jpg

暑い日が続いてますね~。 暑くて髪が鬱陶しいので、私は外出時以外は100円ショップで買った

カチューシャで前髪が垂れてこないようにいつも押さえていますョ(笑)


さて、ASIAのJohn Wetton(Vo,B)、Geoffrey Downes(Key)のプロジェクト2006年の

アルバムです。 この後2008年にASIAは復活することとなりますが、ずっとASIAサウンドを

求めるファンには堪らない作品となりました。 オープニング曲「The Die Is Cast」から正に

ASIAのサウンドで、聴いた途端感激したのを覚えています。

♪Finger On The Trigger 後にASIAでも使われましたが、
私はキーボードが印象的なコチラのヴァージョンが好きです。


♪Rubicon 美しく感動的な曲ですよね~。


オープニング曲の「The Die Is Cast」がYouTubeに無いのがちょっと残念でしたが(^^;

このアルバムは「Asia」「Alpha」「Astra」の次に出ていても違和感の無いような

見事な作品ですし、多くの方に聴いていただきたいものだと思います。

この2人のコンビは素晴らしいですね。


因みにこのアルバムは去年辺りから値が上がってきています。 が、当店では沢山仕入れて

いましたので、価格据え置きのまままだ在庫がございますョ☆

AnderStein WETTON DOWNES / Icon II - Rubicon

white wolf - es white wolf - es2

カナダ産HRバンド86年2ndアルバム。

カナダ産らしくない欧州的な哀愁がたっぷりのメロディアスHRで、MAGNUMのカヴァーも

ハマっており、その手が好きな方には存分に満足していただける好盤。

写真の国内再発紙ジャケは私未だに勿体無くて未開封のままです(笑) 普段はLPまたは

通常のCDで聴いていましたが、通常のCDが見当たらないので紙ジャケ購入を機に売って

しまったのでしょう(記憶が定かでない)。

哀愁の名曲 ♪Crying To The Wind


♪Time Waits For No One


♪One More Time


Don Wolfの歌声もこの音楽性にマッチしていますし、Y&Tやイギリスの哀愁メロディアス

HRを好む方なら手離せない作品ではないでしょうか。このアルバムと1stアルバムは

新品価格が高騰していますが、中古ならばまだ手に入りやすいようです。

当店には1stとのカップリング再発盤がまだ在庫があります。 少々高いですが、お許しを。

AnderStein WHITE WOLF / Standing Alone - Endangered Species

2007年の復活作もなかなか良いですョ☆
AnderStein WHITE WOLF / Victim Of The Spotlight(輸入盤
AnderStein WHITE WOLF / Victim Of The Spotlight(国内盤)

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

あん

Author:あん
1966年3月長崎市稲佐生まれ西彼杵郡琴海町(現長崎市)育ち

・小学5年から洋楽にハマり、その後Gary Mooreにしびれメタルにハマる
・福岡市・埼玉県大宮市・東京都江戸川区居住歴あり
・長年の広島東洋カープファン
・O型
・出没地…長崎市北西部/西彼杵郡時津町/青森県八戸市/都内各所